CATEGORY

未分類

    • 2020年10月23日

    知っておきたい合成着色料の危険な一面!赤い合成着色料

    着色料は食品に色をつける目的で使用され、合成着色料と天然着色料があります。 今回は合成着色料について解説します。 合成着色料は自然界では存在しなく、分解されにくい化学物質です。 国内で使用が認められている食用色素に関しては、食品衛生法に基づいて、口にしても差し支えないということになります。 しかし、 […]

    • 2020年10月19日

    「長ネギ」の栄養と健康効果-長ネギは焼くことで抗酸化力が倍増する!

    生の長ネギは、じっくり焼くことで辛味や独特の香りが弱まります。 そして、甘味が増し柔らかくジューシーになります。 加熱することにより栄養価も向上します。 長ネギの白い部分には抗酸化力をもつアリシンが豊富に含まれていて、加熱することでこの力が約2.5倍にアップします。 ネギの抗酸化力は加熱することで高 […]

    • 2020年10月15日

    「白菜」の栄養と健康効果-白菜は中心部から食べると品質維持に効果的

    柔らかくて美味しい白菜は鍋物に欠かせませんよね。 白菜は11月から2月の寒い時期に旬を迎える冬野菜です。 白菜はビタミンC、食物繊維が豊富で、そのほかカリウム、カルシウム、マグネシウムやビタミンK、葉酸などの栄養素がバランス良く含まれています。 とくに、外側の葉にはビタミンCが多く含まれ、中心部には […]

    • 2020年10月12日
    • 2020年10月12日

    白血球はいろいろな戦法で異物と戦っている!

    白血球は、血液に含まれる細胞成分の1つで、体の中に侵入してきた細菌やウイルスなどの異物を殺菌したり排除する働きがあります。 白血球には主に好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の5種類があり、これらを総称して白血球と呼びます。 それぞれ外敵から身体を守るのにとても大切な役割を果たします。 白血球の […]

    • 2020年10月7日

    「なめこ」の栄養と健康効果-驚きの成分・ぬめりパワー!

    独特のぬめりのある食感が特徴のなめこ。 なめこには高い栄養価と効能があります。 今回は、なめこに秘められた栄養や効能、保存方法などを解説します。 なめこの季節 なめこの収穫時期は秋がピークで、美味しいとされる時期は、10月〜11月頃です。 ぬめりの成分 なめこの特徴の一つである「ぬめり」は、害虫や寄 […]

    • 2020年10月5日

    「足首ねんざ」たかがねんざと軽く見ないで!足首の危険サイン

    誰もが一度は経験のある「足首のねんざ」。スポーツの現場でよく見られるケガの一つです。 ねんざの大半は、足首が内側にひねられて、足の外側(外くるぶし)を痛め、関節を支えている靭帯や関節包(かんせつほう)などの軟部組織を損傷することをいいます。 この足首のねんざを「たかがねんざ」なんて思っていたら大間違 […]

    • 2020年9月29日

    「ごぼう」の栄養と健康効果-あく抜き皮むきは不要?

    きんぴらやサラダなどでおなじみのごぼうは、煮物料理や炒め物など多彩な料理に活用できる万能な食材です。独特の風味や食感も特徴で、食物繊維を多く含んだ健康食材としても知られています。 ごぼうといえば、あく抜きが必要で、皮をむいてから調理するイメージが強い野菜です。下ごしらえに手間がかかるので敬遠されてい […]

    • 2020年9月23日
    • 2020年9月28日

    「ため息」は体に良い?息を長く吐くと自律神経のバランスが整う

    ため息にマイナスのイメージを抱いている人が多いですが実は、ため息をつくと体の緊張がほぐれ、自律神経のバランスを整えるんです。 体の機能回復に、ため息はとても役にたつので、ため息は我慢しないが良いのです! 自律神経のバランスが整う 自律神経系は交感神経と副交感神経がに分かれ、それぞれの役目をまっとうし […]

    • 2020年9月21日
    • 2020年9月28日

    『細胞』とは何?身体での働き・役割を解説

    生物の体は細胞の集まりです。細胞とは体をつくる小さな構造の単位であり、生命の最小単位です。この細胞が呼吸や運動、思考など、人間の全ての行動を支えています。 成人の場合だいたい37兆もの細胞があり、その種類は200種もあると言われています。 その細胞が集まって組織になり、その組織を組み合わせたものが心 […]

    • 2020年9月9日
    • 2020年9月28日

    献血された血液のゆくえとは?献血の種類や手順も解説

    病気やけがの治療で、輸血を必要としている人たちが多くいらっしゃいます。国内では、年間約100万人の人たちがい輸血を必要としています。病気やけがなどで輸血が必要としている人たちを救えるのは、献血ができる私たちです。 血液は人工的に造ることができません、そのため私たちの献血により支えられ、多くの患者さん […]