CATEGORY

症状・対策

    • 2021年6月29日

    食中毒を防ぐには-つけず増やさず/3つの原則

    食中毒とは、食べ物や手などに付着した細菌やウイルスが体内に入り、下痢や腹痛、発熱、吐き気といった症状を起こすことをいいます。 6月~8月は注意! ジメジメとした梅雨時期は、気温も上がり蒸し暑さが増してきます。 この高温多湿の6月~8月は食中毒菌が増殖しやすい季節です。 また、11月~3月もウイルスが […]

    • 2021年3月16日

    「グレープフルーツ」の栄養と健康効果-疲労回復や免疫力アップ、ダイエットサポートにも

    手軽に食べられるのが魅力で栄養満点のグレープフルーツ、さわやかな香りと甘さ、ほろ苦さが魅力です。 そのまま食べてもジュースにしてもおいしいグレープフルーツは、栄養が豊富なだけでなく健康効果もたくさんあります。 国内に流通しているグレープフルーツのほとんどはアメリカから輸入されたもので、フロリダ、カリ […]

    • 2021年2月22日

    「自律神経」とは-心と体のバランスを整える大事な神経

    神経には大きく分けて2つあります。全身に指令を送る神経系統の中心的なはたらきをする①中枢神経と、細かいネットワークのはたらきをする②末梢神経です。 中枢神経は、脳と脊髄(せきずい)から成る、腰まで伸びた神経の束です。 中枢神経はとても重要なので、頭蓋骨と脊柱(せきちゅう)という頑丈な骨で守られていま […]

    • 2021年1月19日

    「冷え症」冷えから身を守る-血流・代謝・自律神経を整え改善へ!

    これからますます寒くなり、冷え症の方にはつらい時期です。 その冷え症にはタイプがあり、それぞれ対策は異なります。 まずタイプは、手足が冷える「四肢末梢型」、お腹回りが冷える「内臓型」、下半身が冷え上半身が熱くなる「下半身型または冷えのぼせ型」、全身が冷える「全身型」があります。 四肢末梢型は、手や足 […]

    • 2021年1月11日

    「グリシン」就寝前にグリシンを摂り深い眠りへ

    グリシンはアミノ酸の一種で、体内でも作られています。 グリシンは、筋肉やコラーゲンを構成したり、肌のハリと弾力を保つ役割、そして脊椎や脳幹に多く存在し、神経伝達物質の一つとして運動や感覚、呼吸といった身体機能にも関わっています。 グリシンは深部体温を低下させて入眠しやすくする 大学の研究機関の報告で […]

    • 2020年12月23日

    「水菜」の栄養と健康効果-水菜ポリフェノールは女性の強い味方

    水菜は京野菜の一つで、江戸時代前期にはすでに京都で栽培されていました。 シャキッとハリのある食感とみずみずしさが人気で、鍋物や煮物、サラダなど様々な料理に活用できます。 水菜は緑黄色野菜の一つで、体に良い栄養がたくさん含まれています。 今回は、そんな水菜の栄養素や効能、保存方法について解説します。 […]

    • 2020年12月7日
    • 2020年12月7日

    「疲れ」なかなか取れない人は現代型の栄養失調かも?

    「睡眠に問題はない」「健康に気をつけている」「食事はバランスよく食べているつもり」・・・しかし、「いまいち元気が出ない」「疲れやすいし」「頭がボーっとする」「老けてきた」なんてことありませんか? そんな「何となくな不調」をどうすればよいのか分からない状態ではないでしょうか? その一方で、日々エネルギ […]

    • 2020年12月5日

    マスクによる肌トラブルへの対策

    マスクの着用が新たな生活様式となった今、マスク着用が原因での肌トラブルが急増しています。 そのトラブルは、マスク着用の摩擦による刺激を起因とする肌荒れやかぶれ、潤い成分が失われるなどの深刻な肌ダメージトラブルです。 これらの肌ダメージは、外部刺激から肌を守る「バリア機能」を低下させ、ますます刺激を受 […]

    • 2020年11月18日

    「DHEA」男性ホルモンを増強させましょう!

    「元気が出ない」「やる気が出ない」「気分が上がらない」こんなことを実感したら、男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下しているかもしれません。 男性ホルモンは、女性にとっても若返りや老化を促進させないために重要なものです。 この男性ホルモンを作る材料をふやすことが、元気のもとになり若々しさを保つカギ […]

    • 2020年11月6日

    「クリルオイル」が体に吸収されやすい理由ーオキアミ由来の新型オメガ3「クリルオイル」

    クリルオイルは、海にすむ動物性プランクトンのオキアミから抽出される油のことです。 魚油よりもクリルオイルのほうが高い健康効果が期待できます。   アル 関連記事はこちら フィッシュオイルを超えるクリルオイルの特徴 クリルオイルがオメガ3(DHA・EPA)の補給源として最適な理由 ①クリルオ […]