サプリメントの選び方&見分け方のポイント!海外製は要注意!

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回は、サプリメントを選ぶ際の見分け方について解説いたします。
ここ数年、健康番組やケーブルテレビCM等では、毎日さまざまなサプリメントに関する情報が流れています。もちろん法的に問題はないのでしょうが…

・痛みが無くなるとか、すぐにスムーズに動けるなど、劇的な効果があるような情報。

・オーバーな表現「マグロの刺身(赤身)約○○人前以上」。

・もともと成分の含有量が少ない素材を、さも大量に使って抽出したかのような演出。

・もともと若く見える人を使い、若返る、美しくなる、痩せるなどの広告。

などの、氾濫する情報に振り回されてしまいます。

また、「私はこれを飲んで○○が治った」という体験談形式は、科学的根拠は持ちません、思い込みで得られる効果(プラセボ効果)のことが多く、心理効果があまりにも大きいため問題となっています。この体験談は隅の方に小さく「あくまでも個人の感想です」なんて書いてありますよね…

サプリメントを選ぶ際には、商品名や価格、広告・コマーシャルで判断しないことが大切です。成分配合量、原材料名を確認して、その説明が明確にされているかをチェックしましょう。
  1. 原料の説明があり、天然素材や特許素材でつくられていること
  2. 成分が正確に表示され、加工方法が適切であること
  3. 製造者が記載されていること
  4. 目的に応じて、適切な量の栄養成分がふくまれていること
  5. 使われている添加物の目的が説明されていること
  6. 同じ成分なら安い方が良いと判断しないこと

 

●あわせてご覧ください●

関連記事

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回はサプリメントに使われている添加物について解説します。添加物に関する基礎知識をはじめ、添加物から見たサプリメントの選び方を考えます。 日本では、食[…]

 

天然か合成を見極めるのは、ラベルの原材料表記で判断してください。栄養素名が直接記載されているものは「合成」で、野菜などの食品名が記載されているものは「天然」ということになります。

価格と含有量の割合を考えるようにしましょう。価格が安いからといっても、栄養素の含有量が少なければ、あまり意味がありません。

品質の劣るビタミンを大量に摂取する事は最悪です。

インターネットによる個人輸入代行の普及により、誰もが簡単に海外製サプリメントを輸入できるようになりました。しかし、危険性があります。厚生労働省も注意を呼びかけています。日本の食品衛生法で販売が禁止されている成分が入っていることがあります。医薬品成分も含まれていることがあります。正規の流通品とは異なる偽造品や劣化品の場合があります。

↓↓↓関連資料(消費者庁が発信しているサイト内の資料です)↓↓↓
健康食品を利用する際の 注意すべきポイント

サプリメントは食品ですので、使用はあくまでも自己責任となってしまいます。CMや情報番組の情報に惑わされず、上手にサプリメントとの永い付き合いを楽しみましょう!

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!