ビタミンCの効能と天然・合成の違い!毎日摂りたいベーシックサプリメント

水溶性であるビタミンCは、抗酸化作用が注目されているベーシックサプリメントです。ビタミンCは生命活動に欠かせない5大栄養素の1つです。美肌や健康のためにビタミンCを積極的に利用している人はかなり多いと思います。このビタミンCには、天然と合成のものがあるのをご存知でしたでしょうか?

天然の方が良さそう!とか、合成って何からできているんだろう?と、気になりますよね。この記事ではビタミンCの天然・合成による違いや、その効果などについて解説します。

●あわせてご覧ください●

関連記事

水溶性のビタミンの一つであり、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質」が注目を集めているビタミンC。ビタミンCは身体の働きを助け、調子を整えるために欠くことのできない栄養素です。 人はビタミンを体の中で作ることができないので、これらが不足すると欠[…]

ビタミンCに期待される効能

 

ビタミンCには体のあらゆるところで大活躍しています。

*活性酸素種を消去してからだの酸化を防ぐ
*免疫機能を高める
*コラーゲン繊維の生成を促す  

*メラニン生成を抑制する
*鉄の吸収を高める
*カルシウムの吸収と代謝に関与する
*アミノ酸の代謝に関与する
*糖の代謝に関与する
*アレルギー反応で生じるヒスタミンの放出を抑える
*ストレスを軽減するホルモンの生成を促す
*アルコールの分解を助ける
*タバコの毒性の無毒化を促す
*ビタミンCが不足すると老化が速まる

とくにビタミンCは抗酸化作用をもつビタミンで、体の内側と外側で病気や不調から体を守る働きをもっています。
健康維持、増進および疾患の予防という点から、生命活動にとってとても重要な栄養素なのです。

天然ビタミンC と合成ビタミンCの違いとは

天然ビタミンC

天然ビタミンCは野菜や果物など、食物そのものに含まれている自然なビタミンCです。
ピーマン、ブロッコリーやアセロラ、ローズヒップなどにビタミンCが多く含まれています。

天然のビタミンCサプリメントは、植物などの素材から抽出しサプリメントを作るので、含有量が多いサプリメントを作るとなるとコストがかかります。そのため、天然ビタミンCが配合されたサプリメントは高価なものが多いです。

食物から天然ビタミンCを摂取するときは、他の栄養素も必然的に同時摂取することになります。いちご、みかん、バナナなどは、ビタミンCの他に食物繊維も豊富です。より高い栄養効果が得られます。

合成ビタミンC

合成ビタミンCは、天然とは異なる物質の化学構造を変化させて、ビタミンCと同じ構造にしたものです。
デンプンなどのブドウ糖の化学構造を変えて、ビタミンCに変換させています。

天然ビタミンCよりも大量生産しやすく、合成ビタミンCが配合されているサプリメントは天然由来のサプリメントより安価なものが多いです。合成のビタミンCの良いところは、「金額」と「安定性」です。

合成ビタミンCとして出来上がるまでに不透明な部分は確認したいところです。たとえば、原料のトウモロコシが遺伝子組み換え食品を使用していないか、その他に何の原料を使用しているかなどです。

毎日摂りたいベーシックサプリメント

ビタミンCは、アスコルビン酸という有機化合物から成り立つ水溶性ビタミンです。天然でも合成でも、同じ化学構造となればアスコルビン酸とみなされ、結果的に同じビタミンCとして扱われます。

天然・合成ビタミンCそれぞれ、ビタミンCとしての働きに大きな違いはありませんが吸収率は天然のほうが良い結果がでています。口から入った栄養素は、全て体に吸収されるわけではありませんが、天然のほうが、無駄なく体に取り入れられるということです。

ビタミンCは健康維持に欠かせない栄養素です。体によいものでなければなりません。安心して摂取するために、ぜひ天然ビタミンCにこだわってみてはいかがでしょうか。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味のある方はぜひこちらのJapan Supplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

 

All Products|Japan Supplements

 

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!