サプリメントの効果を実感できないのはなぜ?身体的要因など一例を解説

普段からサプリメントを飲んでいても「なかなか改善しない」「効果を実感できない」という人が中にはいると思いますが、それにはさまざまな原因が考えられます。

サプリメントの効果を実感できない外的要因

そもそも、そのサプリメント大丈夫ですか?また、飲み方合ってます?

粗悪なサプリメント

まずはサプリメント自体に問題があるケースです。栄養成分の含有量が少ない、安価で粗悪な原料を使っているなどが考えられます。

適正量不足

体が必要とする栄養素の量は、それぞれ個人差があります。当然といえば当然ですが、男女差、体格差、運動量や体調によって違いがでてきます。「量が足りてない」と感じることはなかなかできるものではないのですが、効果を感じない場合は、飲む量を増やす方法もあります。

*注意:機能性のサプリメントや脂溶性のビタミン(A・D・E・K)などは、過剰症のリスクがありますので過剰摂取してはいけません。

サプリメントの効果を実感できない身体的要因

身体的要因で状態が改善しない、実感できないこともあります。これらが体にどのような影響を及ぼすのか、事例を解説していきます。

代謝不良

基礎代謝の低い体で、摂った栄養素を利用しづらいのも原因の一つと考えられます。これはカロリーを消費しづらい体ともいえます。そして、代謝の低下によって体温が下がると、血管が収縮して血流が悪くなるのです。

有害ミネラルの蓄積

有害ミネラルとは、水銀、鉛、ヒ素、カドミウム、アルミニウム、ニッケル、ベリリウムなどのことで、身体にダメージを与える有害ミネラルが、体内に蓄積されると排泄するのが困難になります。これらをまず体内に入れないことが大切なのですが、通常の生活の中で、完全にさけることは不可能です。ただ対策はしたほうがいいでしょう。体に与える健康障害として報告されているものを紹介します。

  • 水銀は、皮膚炎・しびれ・うつ・情緒不安定、脱毛、関節痛や肌荒れ、動脈硬化などの健康障害が出る可能性があり、原因は汚染した魚介類・農薬・化粧品・アマルガム(水銀と他の金属との合金)などにあります。
  • 鉛は、うつ・疲労感・貧血・不安感・目眩・頭痛などで、原因は古水道管、排気ガス、ガソリン、白髪染め、缶詰、安価なアクセサリーなど。
  • ヒ素は、疲労・手足の灼熱感・胃腸障害、下痢、子供に神経的な機能障害などで、原因は木材の防腐剤、除草剤 農薬、殺虫剤など。
  • カドミウムは、高血圧・腎障害・脱毛・貧血・食欲不振・疲労などで、原因はタバコ、水道水、喫煙・排気ガス・メッキなど。
  • アルミニウムは、記憶障害・筋肉の硬直・食欲不振・息切れ・筋肉痛・胃腸障害などで、原因は脱臭剤、アルミ鍋・アルミホイル・歯磨き粉・アルミ鍋などの日用品、脳への影響が問題となっている金属の一つでもあります。
  • ニッケルは、喘息・アレルギー・皮膚炎・疲労・下痢・不眠などで、原因を誘発する物質は各種化粧品に含まれている可能性があります。

有害ミネラルが原因で、働くべき体内の酵素が機能しなくなり、サプリメントの効果を阻害してしまうのです。

腸内環境の悪化

腸内細菌のバランスが整っている状態では、小腸で栄養素や水分をしっかり吸収し、食べ物は消化管を通過する間に、腸内にて必要なものは吸収されます。しかし腸内環境の悪化で腸内細菌のバランスが崩れると吸収率が低下します。野菜や穀類中心の食生活から肉類中心の食生活に変わると、脂質や動物性たんぱく質を好む悪玉菌が増える原因になります。

胃酸の過剰分泌や胃液の分泌不足

胃酸の過剰分泌の要因として、生活習慣の乱れ、暴飲暴食 、喫煙、アルコール・カフェインなどの刺激物の摂取、仕事・家事・育児などによるストレスなどがあります。
一方、胃粘液の分泌を減少させる要因のひとつとしては、解熱鎮痛薬の常用などが挙げられます。胃粘液の分泌量が減ったりすると、胃炎の原因になります。これらの胃のトラブルは栄養成分の吸収を妨げるのです。

過度なストレス

イライラが、自律神経を乱す原因になり、ストレスが溜まります。腸と神経は密接な関係にあるので、自律神経が乱れると大腸のぜん動運動が弱まり消化吸収力が低下します。腸には消化管の機能を調整する神経系がありますがストレスは腸内環境を乱し、下痢や便秘といった症状を起こしやすく、栄養素の吸収を妨げます。

また、ストレスは副腎に疲労をためてしまいます。副腎は、体に必要な様々なホルモンを分泌する臓器で大変重要であり、副腎疲労は腸の消化吸収力を悪くすることにつながるのです。

アレルギー(遅延型フードアレルギー)

遅延型アレルギーは、原因食物を摂取してから反応するまでに時間がかかるため原因に気づきにくいアレルギーです。遅延型アレルギーの症状は、アレルギー的な症状もあれば、頭痛や消化不良や関節痛のような症状もあります。これもまた消化吸収の低下につながります。体質に合わないサプリメントを摂取し続けると、かえって体調を崩す場合もあります。

まとめ

サプリメントは、身体に必要な栄養成分を摂取するには、とても手軽で便利な方法です。しかし一人一人の体質や、生活環境も異なります。また体調を無視してサプリメントを摂り続けても効果を発揮しにくくなります。なかなか改善しない、実感がないという人は自己判断で摂取せず、お医者さんや栄養専門療法士さんに相談することをおすすめします。

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!