ビタミンEは『若返りビタミン』!働きと有効性は?含まれる食品についても

脂溶性のビタミンの一つであり、生活習慣病の予防として期待されているビタミンEの種類と有効性について解説します。

●ビタミン全般についての記事はこちら●

関連記事

「ビタミン」と聞いてみなさんはどんなイメージを持ちますか?真っ先に思い浮かべるのはビタミンCあたりですかね。さっぱり、すっぱい、さわやか…中身が何かはわからないけど、ビタミンって聞くとなんか体に良さそう。 でも、ドラッグストアやスーパ[…]

ビタミンEは「天然」と「天然型」と「合成」の3タイプ

天然由来のビタミンEは、小麦胚芽、大豆、菜種などに豊富に含まれ、これらの植物種子の油脂から抽出し、高純度に精製したのが天然ビタミンEです。
天然ビタミンEは合成や天然型と比較して吸収率に優れ、効力が高く、体内で活性しやすいため、少量で作用します。

天然型は、植物油から直接抽出し酢酸で処理して製品を安定させています。

合成型は、素材原料を化学的に反応させ人工的に製造したものです。合成型は食品添加物としても使われていて、主な役割は、酸化防止剤として加工食品の品質を安定させる目的で使用されています。フィッシュオイルのオメガ3サプリメントでも、酸化防止目的で使用されています。

ビタミンEの働き

ビタミンEの主な働きは、抗酸化作用、血流改善です。細胞膜の正常維持し活性酸素による障害も防いでくれます。

脂溶性ビタミンであるビタミンEは、脂質とともに腸管からリンパ管を経由して体内に吸収されます。

ビタミンEの代表的な効果は抗酸化作用です。細胞の酸化を防ぐため、肌の老化防止や美肌効果に役立つといわれている作用ですね。「若返りビタミン」なんていわれているようです。ビタミンCを一緒に摂り入れることで、働いて疲れてしまったビタミンEを蘇らせてくれるという相乗効果があります。不足すると、動脈硬化や生活習慣病などを引き起こしやすくなったり、ホルモンバランスや血行が乱れさまざまな不調が出てくる恐れがあります。

そして血管内の過酸化脂質の生成を制御し、血管を健康に保ち血流を整えます。血流が滞り、冷えや肩こりなどの症状改善に効果的です。血中のLDLコレステロールの酸化を抑制したり、赤血球の破壊を防いだりする作用もあります。

ビタミンA、C、Eは抗酸化ビタミンといわれていて、活性酸素の働きを抑える作用を持っています。

  • 含まれる食品:
    アーモンド、アボカド、モロヘイヤ、かぼちゃ、うなぎ、ひまわり油などに多く含まれます。
  • 注意事項:
    過剰摂取すると、骨がもろくなりやすいという報告がされています。抗酸化作用が高く美容に効果ありといっても摂りすぎには要注意ですよ。

 

 

ジャパンサプリメントではビタミンEサプリメントを販売していませんが、あなたの健康にサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらの商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!