糖尿病の都道府県別ランキング!血糖値の急上昇には要注意!

今回は、糖尿病に関する、あまり選ばれたくないランキングをお届けします。

糖尿病といえば、「中高年」「男性」「肥満」の人の病気というイメージが一般的のようですが、現代では若い世代、やせ型の女性にも増えてきています。糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの分泌量が少なくなってしまったり、効きが悪くなったりすることで血糖値が下がらなくなる病気です。おもな原因は、糖質の過剰摂取、これは血糖値の急上昇の原因で、糖尿病などのリスクを高めます。また、エネルギーで使われなく、余った糖質は中性脂肪として体に蓄積し肥満の原因になります。

糖尿病の最新全国ランキング ワーストは青森県 ベストは神奈川県

青森県は4年連続で全国ワースト

厚生労働省「2018年人口動態統計月報年報」によると、人口10万人に対する糖尿病による死亡率を都道府県別にみると、青森県が20.2人で、全国平均の11.4人を大きく上回り全国ワースト1位でした。

■都道府県別  糖尿病による死亡率(対人口10万人 2018年度)
《ワースト》
1
位:青森(20.2)
2位:徳島(17.9)
3位:香川(17.8)
4位:福島(17.4)
5位:鳥取(17.4)
《ベスト》
1位:神奈川(7.8)
2位:愛知(7.9)
3位:東京(8.8)
4位:京都(9.0)
5位:岐阜(9.9)

糖尿病予防に効果的なのは、糖質制限です。
糖質と聞くと砂糖や甘いお菓子などを連想しますが、実際には、ごはん、パン、麺類などの原料である穀類に多く含まれています。

そもそも日本人は、糖尿病にかかりやすい体質を持っているといわれています。そして、欧米化した食生活や運動不足などの生活習慣の乱れが原因で、糖尿病予備軍も増えています。日々の生活を見直し、しっかり予防しましょう。

ジャパンサプリメントでは、健康を気にするあなたをサポートしてくれるサプリメントを紹介しています。興味のある方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

最新情報をチェックしよう!