塩分の摂り過ぎは高血圧を招く、高血圧患者数ランキング!

  • 2019年10月31日
  • 2020年9月22日
  • 未分類

今回は、高血圧に関する、あまり選ばれたくないランキングをお届けします。

高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。 高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったります。この状態を放置していると、動脈硬化を促進し、脳卒中や心疾患、あるいは慢性腎臓病などの重大な病気につながります。

高血圧は食事と運動で予防しましょう。

塩分の摂り過ぎは、高血圧を招きます。食事の味付けは薄味を心掛け、塩分の排泄を促すカリウムをしっかり摂りましょう。
カリウムを含む野菜や果物、海藻類を食事に摂り入れ、適度な運動をすることが大切です。

運動療法として、運動はできるだけ毎日定期的に実施し、運動量は30分以上、ややきつい有酸素運動が一般的に勧められています。運動により降圧効果が得られ、高血圧症が改善されます。ウォーキング(速歩)・軽いジョギング・水中運動・自転車・その他有酸素運動などを目標としましょう。

高血圧の患者数(高血圧性疾患受診率ランキング) ワーストは徳島県 ベストは東京都

 

■都道府県別  (対人口10万人 2017年度 患者調査)厚生労働省
《ワースト》
1
位:徳島(865)
2位:長崎(781)
3位:鹿児島(761)
4位:山形(736)
5位:熊本(726)
高血圧は、見つけられる病気ともいえます。痛みなどの症状がなくても、健康診断や家庭での血圧測定によって、発見できるからです。
血圧が高めとわかったら早めに受診し、治療を必要とする高血圧なのか、原因は何かなどについて知ることが大切です。

ジャパンサプリメントでは、血流を気にするあなたをサポートしてくれるサプリメントを紹介しています。興味のある方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

最新情報をチェックしよう!