低血圧は3種類!?改善が期待できるサプリメントは?

血圧とは心臓の収縮によって、血液が全身に送り出される際に血管に加わる圧力のことです。正常値や高血圧の基準の目安となる数値がありますが、低血圧には明確な診断基準はなく、一般的に収縮期血圧が100mmHg以下をもって低血圧とすることが多いようです。

低血圧の症状には、疲れ、めまい、頭痛、肩こり、動悸など、さまざまあります。
低血圧にはまだ効果のある治療法が少なく、生活習慣を改善するのが有効だとされています。しかし、症状が脳や心臓の病気と重なるため医療機関の検査は必要です。

低血圧は3種類

①本能性低血圧

原因は明らかではありません、血圧が慢性的に低い状態で、体質的な場合が多く、低血圧症のほとんどの人がこの症状です。特に本人が悩まされている症状がなければ、病気とは考えません。

②起立性低血圧
急に立ち上がったときや体を動かしたときに立ちくらみを起こすなど、急激に血圧が下がる状態をいいます。下半身にたまった血液が心臓に戻りにくくなるために起こるものです。このような場合は、有酸素運動や無酸素運動で筋肉を鍛えることが重要です。

③食後低血圧
食後に限って血圧が過度に低下する状態です。食後、消化のために胃に血液がたまり、心臓に戻りにくくなるために起こる低血圧です。
このような場合、食事の回数を増やし、1回の食事量を少なくすることで対応します。または食後にカフェインを含む飲み物を摂り、交感神経を刺激し、血管を収縮させて、食後低血圧を予防することができます。

食事の見直しとサプリメントを利用し、運動習慣をつけ、これからの季節には、外気との温度差にも気を使い症状を改善しましょう。

低血圧におすすめサプリメント

高麗人参、インド人参、田七人参、エゾウコギなど、これらには中枢神経のバランスを調整し、体内環境を一定の状態に保つことにより、血圧安定作用など効果が期待できます。

●高麗人参を配合したサプリメントはこちら●

Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

牡蠣は別名「海のミルク」ともいわれており、さまざまな栄養成分が含まれています。その中でも特に亜鉛を多く含み、マカと同時に…

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!