人の体は一日2リットルの水が必要!水分の大切さを解説!美容にも効果あり?

人間の体の大半は水分で出来ています。成人男性の水分含有率は約60%で、女性は男性に比べると脂肪量が多いため、水分含有率は約55%と若干少ない特徴があります。これと同じく、肥満者は痩せの方よりも水分含有率は少ないです。
一番多いのは、新生児で、その水分量は80%です。
高齢者になると水分含有率は50%とかなり減少します。なぜかというと、加齢とともに実質細胞数が減るからです。しかし、水分量が少なくなったといっても、やはり50%以上は水分でできています。

人間の体の半分以上を占める「水」。これからその水の大切さについて説明していきます。

水分の排出量と摂取量

人間は、1日に2リットルから2.5リットルの水分を発汗以外の皮膚および呼気から蒸発し、また尿や便などからも排出しています。
そのため、排出された量と同じ水分を摂取しなければいけません。

水分を摂取というと、水やお茶、ジュースなどの飲料での補給を連想しますが、これ以外に主食のご飯やおかず、野菜などの全てから水分を摂取します。平均的な食事をしていればそこから1リットルの水分を摂取しておりまた、体内で食べ物を分解する際に生じる代謝水からも水分を摂取します。残りの0.7〜1リットルを飲料水から摂取するようにしましょう。

体内での水の働き

水は体の中でさまざまな働きをしています。

①水は血液の流れの円滑化し、また血液の一部になって体のすみずみまで酸素や栄養を運びます。

②水は誘電率が高く、電解質の溶解性が高いので体内の電解質濃度や浸透圧を調節するのに都合のよい物質だといえます。つまり、体液として細胞の働きを助けます。

③水はさまざまな物質を溶かすのにすぐれた溶媒です。老廃物を溶かし、対外へ排出させます。

④水は体に占める割合が大きいので、体温維持や調節に役立ちます。汗が蒸発するときに効率的に熱が奪われ、体温をうまく調節することができるのです。

おいしくて安全な水とは

①体に有害な物質が含まれていない水

代表的な有害物質
  • アスベスト(石綿) 水道管に混合されて使われていたもので、現在でも東京で10%、千葉県のある市では50%の割合で存在しているといわれています。
  • 溶解性鉛 溶解性鉛は水道管や水道メーターのL管、地下水の汲み上げパイプなどの鉛管から溶出します。
  • トリハロメタン 水道の原水に含まれる有機物と、浄水場で消毒に用いられる塩素が反応してできる有害物質です。
  • ホルムアルデヒド シックハウス症候群の原因物質の一つで、合成樹脂や建築資材、壁紙を貼る為の接着剤などに含まれ水道、水源に入ることもあります。
  • 亜硝酸性窒素 化学肥料や農薬、家畜の糞尿、生活排水が水質汚染の主な原因です。

②体に有益なミネラルと酸素、二酸化炭素がバランス良く溶け込んでいる水

③酸化還元電位のマイナス数値が大きいほど、還元力(さびを取る力)が強いとされています。 身体にいいはマイナスの、活性酸素を消去すると言われています。

④悪臭がしない水

水道水の悪臭原因
  • カルキ(塩素)臭 水道水は消毒剤としてごく微量の塩素が使用されています。
  • カビ臭 マンションなどの水槽内に藻が発生したり、や台風などの河川の濁りにより、カビのような臭いが生じることがあります。
  • 生臭臭 ダムの中で、冷たい川水や雨水が底の生臭い水を押し上げることで、生臭い臭いや泥臭い臭いが発生することがあります。
  • 鉄サビ臭 水が水道管の中の配管に銅や亜鉛などの臭いがついてしまうことがあります。

⑤名水と言われるおいしい水は平均的に分子集団が小さく、まずいといわれる水道水は分子集団が大きいのが特徴です。

水分が不足すると

水は体内の機能に乱れが生じないように一瞬も止まることなく働き続けています。

水分の体内機能は、暑いところでは皮膚の血管を拡げ血流量を増やし、汗をかくことで体温を調節する働きをしています。体液の血液・リンパ液・消化液などは、栄養素の運搬や老廃物の除去、体温調節、新陳代謝などの生理的機能を補っています。脱水症状はこれらの機能に障害を起こします。

体液は、体外に排出される水分量・塩分量と、体内に補給する水分量・塩分量が同じくらいのときに、ちょうど良いバランスを保てていますが、病気などでこのバランスは崩れます。水分損失を伴う下痢・嘔吐などの症状、また風邪・肺炎などの発熱時の汗による水分損失は、脱水症になる可能性があります。

脱水症をおこすと、自覚症状としては口の渇きや脱力、立ちくらみなどを訴えることが多いです。皮膚や口唇、舌の乾燥、皮膚の弾力性低下、微熱などが起こります。そのほかに食欲低下、意識障害、血圧低下、不整脈なども現れやすくなり、体温を調節する汗が出なくなり体温も上昇してしまいます。
そして、脱水症が進み汗や尿が出なくなると体内に老廃物が溜まり、血液の流れが悪くなり、全身の機能が障害を起こします。

水を飲むことはまだまだ良いことがあります

細胞の活性化や内臓機能の正常化など、健康に生きるためには必要不可欠です。

水を飲むことは美容にも効果あり

①ストレスや不眠
水には鎮静作用があるので、ストレスを感じたときに水を飲めば気分が落ち着きます。

②便秘改善
腸が刺激されて動きがよくなり、便意が起こりやすくなります。

③美肌
肌細胞は酸素や栄養を必要です。体内に栄養や酸素を運ぶのは血液で水分が必要です。

④疲労回復。
血液循環を良くし、疲労物質を取り除き排出させます。

⑤ダイエット効果
肥満の原因は、新陳代謝が悪くなり体内に老廃物がたまり、便秘や脂肪が蓄積されます。水分補給を積極的に行い、体の活性度を高めるのが重要です。

まとめ

いかがでしたか?

食事と同じですが、生きるために欠かせない水。栄養素ではありませんが、体を円滑に動かすために欠かせないものです。良い水と良い食事(栄養)で健康的な毎日をお過ごしください!

編集長の独り言

日本の水道水は、安全性は高いのですが塩素くさいですよね。「ろ過」と「殺菌」の技術は世界に誇れるほどの高いレベルなのに、なんででしょう?数多くの厳しい検査基準をクリアしなければいけないからでしょうか。残念!

水の性質は国の地形や地層によって大きく異なります。日本はミネラル分の少ない軟水、ヨーロッパはミネラル分の多い硬水が中心です。

日本の国土は山地の斜面が急で平野地帯が広くないため、高地から低地への水の流れが速く、短時間で海に流れ込みます。そのため地層中のミネラルを吸収する時間が短いうえ、地下にとどまる時間も短く、そしてミネラルの少ない火山地帯が多いので、地中のミネラルがあまり溶け込みません。そのため、日本の水はミネラル分の少ない軟水となります。

このような状況でも、日本国内でミネラルウォーターに適した地形を探してみました。

「六甲山の天然水」

神戸を象徴する美しい六甲の山地!海に向かってなだらかに傾斜する斜面、市街地が少なく、あとは起伏のはげしい山間部や丘陵地帯の広大な面積、宮水のように六甲山の地下で自然ろ遇した水は美味しそうです。

神戸の浄水場は、活性炭処理施設で臭いを消した後、さらにろ過池では炭の層と砂利の層でろ過を行うらしいです。

ぜひ現地に行って飲んでみたいものです…

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

 

参考資料

・水とヒト : 生理的立場から
(田中 正敏著 人間と生活環境6巻2号より)

・健康を支える水
(東京大学大学院教育学研究科 武藤芳照 他著より)

・「健康のため水を飲もう」推進運動
(厚生労働省HPより)

最新情報をチェックしよう!