認知症を未然に防ぐには『軽度認知障害』対策がカギ!チェック項目も

絶対になりたくない病気「認知症」。その認知症の一歩手前の状態を「軽度認知障害」といいます。
高齢化社会の今は、65歳以上の高齢者の四人に一人は「軽度認知症障害」もしくは「認知症」といわれています。
「軽度認知障害」は、およそ400万人と推計されていて、認知症か予備群として注目されています。
「軽度認知障害」は予兆に早く気づき、適切な対策をとることで改善し回復することが可能です。
今回は症状や対策法について考えてみます。

「軽度認知障害」は気づきにくい

「軽度認知障害」は、日常生活には支障が出ていない段階をいいます。認知症では、トラブルが起き日常生活に支障をきたします。そのため、周囲が認知症に気づきやすいですが、「軽度認知障害」は、日常生活は問題なく行えるため、周囲に異変を気づかれないまま過ごしてしまう可能性があります。しかし、この状態を放置すると、認知症に繋がります。できるだけ早く異変に気づくことが大切です。

軽度認知障害チェック

記憶には「覚える」「貯める」「取り出す」の3つの段階があります。通常の物忘れは「記憶を取り出す」ことが難しくなっている状態です。
注意が必要なのは「覚える」です。この段階で異変が起きるののは、認知症予備軍です。記憶を司る「海馬」にトラブルがある可能性があります。

「軽度認知障害」の初期段階で見られる異変やサインを知っておきましょう。

記憶の低下

最近起こった出来事など、その事自体は憶えているが、「どこ」や「いつ」など、詳しいことは思い出すことができなくなる。
目的があって部屋を移動したのに、何をするか忘れてしまう。人と会う約束を忘れてしまっとたり、同じ本を買ってしまうなどです。

意欲の低下

周りの物事への興味や意欲が低下します。その結果、外出時でも服装に気を遣わなくなったり、外出そのものに消極的になったりといった変化が見られます。

遂行力の低下

物事を順序立てて行うことが難しくなり、同時にふたつの動作ができなくなったります。仕事でのミスも多くなります。何度も同じことを質問するようになります。また、意欲低下の傾向もあります。

その他にも、決まった曜日に通っていた病院の通院日を間違えたり、曜日が分からなくなるという事が起こってしまいます。

軽度認知障害を予防しましょう!

「軽度認知障害」の予防は、脳内に張り巡らされた神経細胞を刺激し、しっかりと栄養を送り込むことです。

①食事の偏り、アルコールの摂り過ぎ、過食を避け、栄養のバランスを整えます。
意識し手取りたい栄養素は、ビタミンC、E、βカロチン、ポリフェノールなどです。抗酸化作用は、脳を若く保つ効果があります。
オメガ3(DHA・EPA)で血流を改善し、脳まで栄養を運びましょう。

➁適度な運動、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を習慣づけます。
有酸素運動で持続的に体内に酸素を取り入れると、酸素によって脳に活発に血液が運ばれ、脳の血流が増加し、脳が若く保たれます。

③認知症では、記憶力だけでなく集中力にも障害が起こることがあります。計算や勉強などで集中力を鍛える必要があります。

④人と積極的に交流し生活を楽しみましょう。会話や趣味は脳に刺激を与えることができます。ゲームや楽器の演奏のほか、計算や日記、他人との会話だけでも認知トレーニングになります。

⑥禁煙、歯周病を予防・治療しましょう。喫煙は脳を委縮させます。歯周病菌が出す毒素によって、脳に悪影響を及ぼします。 また、よく噛むことで脳に刺激を与えます。

これらを試して、脳を若返らせましょう。

編集長の独り言

とはいっても、簡単には趣味は見つかりません。そして、簡単には食生活を変えることはできませんよね。そこでおすすめしたいのが「旅行」です。
先日、出不精の私が広島へ行きました。八丁堀の夜、平和記念公園、宮島の景色や、広島焼き、生牡蠣、牡蠣フライ、焼き牡蠣など脳への刺激が満載で、若返ったような気がしました。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

最新情報をチェックしよう!