肉体疲労の原因とは|疲労に対する注意点や回復の方法も

疲労には「肉体疲労」と「脳疲労」があります。「脳疲労」は前回のブログで説明しましたので、今回は「肉体的疲労」について考えます。

前回記事:「『脳過労』は脳の老化の原因に?スマホの使いすぎには要注意…

疲労は、これ以上運動や仕事などの作業を続けると体に害が及びますよ、という体からの警報です。痛みや熱と同じで、健康を保つために必要なシグナルなのです。

肉体疲労の原因

①働き過ぎや激しい運動による過労で、筋肉を動かすためのエネルギーが不足して起こる疲労。
➁加齢による基礎代謝の低下で、筋量が減少して起こる疲労。
③紫外線を浴びると「活性酸素」が発生し、処理しきれない「活性酸素」によって、細胞機能低下や組織損傷が生じるて起こる疲労。
激しい運動は、酸素が多く消費されるとともに「活性酸素」も多量に発生します。同じく処理しきれない「活性酸素」によって自律神経の細胞や筋肉が攻撃されて起こる疲労。
④睡眠障害や睡眠時無呼吸症候群が原因で蓄積される疲労。
⑤病気(風邪、インフルエンザなど)による体力消耗が原因の疲労。休んでも回復しない疲労は、病気が潜んでいることもありますので、医師に相談してください。

疲労が長期化したら要注意

疲労を引き起こす原因は「活性酸素」です。活性酸素による酸化ストレスが、自律神経の細胞を酸化(サビ)させます。
自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、活性酸素はこの2つの神経を酸化させます。これが疲れの正体です。

一晩寝ても疲れがとれなく、疲労が蓄積し長期化ている場合は要注意です。1カ月以上続けば「遷延性疲労」、6カ月以上続けば「慢性疲労」です。
「慢性疲労症候群」は「慢性疲労」とは違い、原因の分からない極度の疲労感が、長期間続く病気です。

「遷延性疲労」や「慢性疲労」で疲れが蓄積し長期化すると、防衛反応としてステロイドホルモンが分泌され、それが多量に分泌されると血管の老化・高血糖・肥満・生活習慣病・免疫力低下など体に悪影響があります。

疲労回復と疲れを溜めにくくする方法

疲労回復には、良質な睡眠をとることが疲労回復に最も効果的です。
そして食事による栄養補給です。とくにビタミンやアミノ酸は疲れたときなどは不足しがちになるので、補給が大事になります。特に取りたいのが、たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンD、カルシウム、アスパラギン酸、亜鉛です。

天然のサプリメントなら蜂の子がおすすめです。天然のアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富で、疲労対策には必要な栄養素を揃えています。また、食品ですので毎日摂取しても安心です。そして、抗酸化サプリメントで、過剰な活性酸素を防ぐことも大事です。

おすすめの蜂の子サプリメント「Bee Royal」はこちら(amazon商品ページへジャンプします)

第三類医薬品のビタミン剤の効能・効果は滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給など疲労回復を助けます。

「筋肉疲労」に最適なお風呂の温度は、41℃以下で10分がベストです。同時に、蒸しタオルで目の周囲の血流をアップさせて眼精疲労を軽減させましょう。じっくり体を温めることで血流が促され、老廃物を排出してくれます。42℃を超えると筋肉が収縮してしまい、逆効果になります。

以前の記事でお風呂の健康効果について解説しています。

前回記事:「お風呂の健康効果と正しい入り方|温度が1℃違うだけで身体への影響が変わる?

日光を充分に浴びることで、体内時計にずれが生じている場合、体内時計をリセットします。体内時計が24時間周期に戻ることで、疲労しにくくなります。
また、光や風などわずかな変化を感じるだけで副交感神経が優位になります。窓を開けて空気の流れを作ることも大事です。

筋肉の疲労回復には働いた筋肉の血液循環を良くすることが重要です。軽度の有酸素運動や水泳、ストレッチ、マッサージなど血液循環を良くすることが筋肉疲労の回復を促します。

乳酸は疲労の原因という考えは時代遅れ

昔から「乳酸」は疲労物質という考え方がされていましたが、最近では、乳酸はミトコンドリアを通し、エネルギー源として再利用されることが確認されています。
よって乳酸が疲労を起こすのではなく、疲労を防ぐ物質であると考えられています。

編集長の独り言

私は蜂の子を飲んでいます。疲れを感じた時はシトルリンかBCAAを飲んでます。

余談ですが、九州ラーメンは昔、福岡のあるラーメン屋さんが、スープの仕込みをしながら寝過ごしてしまい、スープが煮込みすぎて白濁してしまったのが始まりらしいです。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

最新情報をチェックしよう!