毛細血管のゴースト化に要注意!食事&運動で若さを保とう!

毛細血管は全身に網の目状に分布しています。全身の細胞に栄養分や酸素を届け、老廃物を回収する機能をします。体の不調は毛細血管力の低下が原因だともいわれるほど、重要な役割を持っています。

健康のカギとなる毛細血管を若い状態に保つことができれば、いつまでも若く、そして健康でいられます。

今回は毛細血管力の低下が起こるメカニズムや、毛細血管力をアップさせる食材などをご紹介します。

体にとって重要な毛細血管

毛細血管とは

毛細血管とは、動脈と静脈との間を連絡する最も細い血管で、細いものは赤血球がやっと通れるぐらいの細さです。一般に枝分れして毛細血管網を作ります。その壁は単層の内皮細胞と基底膜からなります。体のあらゆる臓器や細胞は、この毛細血管から栄養と酸素を受け取り、二酸化炭素と老廃物などを渡す働きを担っています。

こんなに長い毛細血管

毛細血管は全身の血管の99%を占めていて、その長さをすべて合わせると約10万キロメートル(地球2周半)もの長さになります。

毛細血管力が低下すると

毛細血管力が低下すると、老化や免疫力の低下など、全身の不調として表れてきます。その他にも、肝臓や腎臓などの臓器にも影響を与えたり、下記のような症状が出やすくなってきてしまいます。

・小ジワやシミ

・たるみやくすみ

・便秘や冷え

・唇がガサガサで荒れやすい

・爪の色が白っぽい

・白髪

毛細血管のゴースト化の原因

毛細血管が幽霊のように消えてしまうことを毛細血管のゴースト化と言います。

毛細血管のゴースト化が起こると、血液が隅々まで行き渡らなくなるため、細胞の老化が進みます。ゴースト化が発生する原因の一つに、加齢があります。年齢とともに血管も老化することで起こります。

その他の原因は、紫外線、過剰に増えた活性酸素などによって壁細胞が傷つき、ゴースト化が発生します。そして、睡眠不足、食生活の乱れなど、生活習慣が大きく影響しています。甘い物の過剰摂取や、大食いなどの食生活も血管に負担を与えます。
こらの要因により、毛細血管が血管の形状を保てなくなり、ゴースト化が始まります。

外見上でゴースト化の影響が出やすいのは、身体の一番外側にある肌です。酸素や栄養素が肌まで届かないため、シミやしわ、たるみなどが増える原因になります。
さらに肝臓や腎臓、肺などの内臓にも多くの毛細血管があり、毛細血管が減ると機能が低下します。

他にも、腎障害や骨粗しょう症、認知症まで引き起こすという研究もあります。また、毛細血管のゴースト化が進んだ脳ではアミロイドβという物質が存在していたという報告もあります。アミロイドβが多くなるとアルツハイマー病を発症すると考えられています。

毛細血管力の低下をチェックする簡単な方法は、舌に歯を押し付けた際に歯型がつくかどうかです。歯型がつく場合は、毛細血管で水分や老廃物がうまく回収できずに舌がむくんでいることが考えられ、毛細血管力が低下しているといっていいでしょう。

毛細血管力がアップする食材

毛細血管力をアップさせるには、血管自体をしなやかに保つこと、そして中を流れる血液をサラサラにすることが重要になります。

オメガ3(DHA・EPA)が豊富な食材のイワシやサバ、オキアミ、ウナギ、鮭は血流に、大豆・大豆製品に含まれる良質なたんぱく質は、血管の内皮細胞に良い効果が期待できます。

トマトやカボチャ、モロヘイヤなど、色の濃い野菜(緑黄色野菜)は体内の活性酸素を減らす抗酸化成分を豊富に含み、血管内の健康を保つのに役立ちます。

減塩も積極的に行いましょう。

最近の研究では、シナモン・ニッキでおなじみの桂皮エキスは、皮膚毛細血管の機能を正常化させることが分かっています。

手足の運動で毛細血管に刺激を

全身の約7割の毛細血管は手足に集まっています。
かかと上げやグーパー体操は全身の血流が良くなり、毛細血管力がアップします。

関連記事

「ふくらはぎ」とは、脛の後方のふくらんだ部分。 ※参考:語源由来辞典より ふくらはぎは体にとって、とても重要な働きをしています。ふくらはぎはただの筋肉ではなく、第二の心臓とも言われ、血流を促進するポンプ機能を担ってい[…]

 

毛細血管は老化しやすいため、良い生活習慣を継続していくことが大切です。

関連記事

シミやシワなどの目に見える老化よりも、もっと注目しなければならない老化があります。それは血管の老化です。血管の老化や動脈硬化は全身をむしばみます。日本人のかかる病気の4分の1は血管の病気が関係しているといわれていて、脳卒中や心臓病、認知症な[…]

 

いかがでしたか?

目に見えないからこそ、大切にしたいですね、毛細血管。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!