乳酸菌の大注目株!乳酸菌EC-12株とは?

いま注目を集めている乳酸菌の中に、体に自然となじみやすいヒト由来の乳酸菌EC-12株があります。私たちの腸のなかに常駐している菌の一種です。EC-12は乳酸菌の菌体そのものですので、ヨーグルトを濃縮したようなものと考えられます。EC-12は生まれもった特殊な才能を持ち、それを最先端のテクノロジーを駆使して鍛え上げた優秀な菌体と考えて下さい。乳酸菌の種類は200 種類以上も存在しますが、その中で最も能力を高めた乳酸菌のひとつといえるのです。

●あわせてご覧ください●

関連記事

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回は乳酸菌について解説します。乳酸菌の基礎知識から、期待できる効果、種類の違いなどを紹介し、そして注目素材の免疫調整乳酸菌素材についても触れていきます。 […]

 

特徴と利点

少量でかなりの菌数を摂取できる。

EC-12は殺菌することで有効成分を高度に濃縮した乳酸菌素材です。有効成分の菌体だけを高密度に集菌し、グラムあたり5兆個以上という高濃度を現実しています。たった0.2グラムで一般的な飲むヨーグルト10本分の菌数(1兆個)に相当します。400憶個を摂取するのであれば、たった10mgで摂取可能になります。これは効果を生むにはたいへん有利になります。生体に与える影響を大きくするには、菌数が必要です。菌数を多く摂取すると、実際に効果が高くなることはさまざまな研究により証明されています。効果の確率を高くし、免疫力を高めるには多くの菌数が必要になります。少量では善玉菌と悪玉菌のバランスを整える事が難しい為です。最新の研究では乳酸菌は質と量の方が健康に重要であるとわかってきました。乳酸菌は億から兆の時代になりました。

耐熱性に優れ、品質が安定しているEC-12は、生菌とは異なるメカニズムを持ちます。

一般的な生菌は腸管内で酸を出すなどして作用しますが、多くは胃の消化液などで殺菌され、腸に届くまでに死滅してしまいます。しかしEC-12は耐熱性が非常に強い特性があることがわかっており、この特性を利用し高度な加熱処理を行った殺菌菌体であるため、体内に取り入れたEC-12のほとんどが消化も分解もされることなく腸まで届き、善玉菌の増加を補助してくれるのです。

EC-12の大腸での作用は、ビフィズス菌を増加させ腐敗菌・腐敗物質を低減させ腸管感染症を予防します。粘液分泌を促進させ便がスムーズに腸内を移行できるだけではなく、便に含まれる細菌が腸管壁から侵入することを防ぎます。腸管ぜん運動が通常の状態より高まります。便の水分量を増加させます。これらの作用で腸内フローラを良好にし、調整効果、便通改善につながります。

商品化しやすい

EC-12は無味無臭で商品化しやすく、また生産ラインを汚染しないためたいへん衛生的です。また最終の製品中における菌数測定が可能なので、EC-12を使った商品の品質は高く、成分数値の信頼度は高くなります。

免疫の根本を強くし、免疫細胞に働きかける。  

腸内には免疫を担当する細胞のリンパ球が多く集まっており、その数は全体の60~70%が集まっています。腸内環境を整えることに優れたEC-12はアレルギー症状を和らげられると考えられています。EC-12は白血球の活性化度において、ビフィズス菌などの他の乳酸菌と比較して優れています。このように優秀な乳酸菌のEC-12 は、おなかの調子を整え、免疫バランスも整える働きがある、わたしたちを健康に導いてくれる乳酸菌であると言えます。

 

●おすすめの乳酸菌EC-12サプリメントはこちら●

Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

殺菌された乳酸菌には、①生菌よりも耐久性に優れ品質が安定している。②少量でかなりの菌数を摂取することができる、などの特徴…

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 

参考資料

・プロバイオティクスの歴史と進化
(東大名誉教授 光岡 知足著 日本乳酸菌学会誌22巻1号より)

・EC-12
(日本サプリメント協会HPより)

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!