『キトサン』はエビ・カニでは摂取できない…?キチン→キトサンに変わる過程や効能など

以前も解説しましたが、今回もキトサンの基礎知識から、期待できる効果などを紹介していきます。

関連記事

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回はキトサンについて解説します。キトサンの基礎知識から、期待できる効果などを紹介していきます。 キトサン(キチン・キトサン)とは キトサンの原料となる[…]

 

●キトサン配合のダイエットサポートサプリメントはこちら●

Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

糖質、脂質が気になる方におすすめの7つの成分を配合しました。 ・ギムネマ インド原産の多年草です。葉から抽出された成分は…

キトサンを生む「キチン」とは

エビやカニの殻は、これまで廃棄されていました。ところが、その殻に「キチン」という利用価値の高い物質が含まれていることが発見されました。
キチンは、カニの甲羅やエビの殻に存在する動物性の食物繊維で、昆虫、貝、キノコにいたるまで、きわめて多くの生物に含まれている天然の成分です。

キトサンが生まれるまで

まず甲殻類の殻などの原料から、タンパク質やカルシウムなどの成分を除いて「キチン」を精製します。
それをアルカリ溶液で加熱処理して、健康増進効果に優れた食物繊維の「キトサン」にします。
しかし、すべてがキトサンになるわけではなく、明確には区別できない部分もあるので、キトサン系サプリメントの成分表示には「キチン・キトサン」と表示されています。

キトサンは、エビやカニを食べても摂ることはできません。
キトサンを摂るには、製品として加工・精製されたものを利用することが必要です。

キトサンに期待される効能

キトサンは専門機関の研究により、人の消化酵素で消化されづらく、吸着素材としての作用があることがわかりました。
現在はさまざまな製品素材としての利用が盛んで、サプリメント以外にも、化粧品、医療材料また、農業分野など幅広くその働きが利用されています。

コレステロールの減少、脂質を体外へ排出、腸内の腐敗菌の減少など、キトサンは有益に作用する成分があります。

LDL(悪玉)コレステロールの低下作用

コレステロールの吸収を抑えるといった食物繊維としての機能があります。
キトサンが消化管内で胆汁酸と結合し、コレステロールを体外に排泄するおかげで、体内のコレステロールプールを低下させます。コレステロール値が正常化すると動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。血中コレステロールを低下させる食品としてトクホ(特定保健用食品)にもなっています。

肥満や高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病の改善効果

キトサンには脂肪を吸収する働きがあります。体内に入った余分な脂肪をキトサンが包んでくれ、そのキトサンは体内に吸収されずに排出されてしまいます。

腸内の腐敗菌の減少作用

キトサンは、腐敗菌のクロストリジウムを減少させます。それにより便の中のアンモニアなどの代謝廃物の量が少なくなり、便の臭いも薄らいできます。

食物繊維

キトサンの食物繊維は野菜や果物にも負けない良質な食物繊維です。

キトサン摂取の注意点

キトサンの多くは、エビ・カニを原料にします。甲殻類アレルギーのある方は、アレルギー症状が表れる心配もあります。

薬との飲み合わせにも注意が必要です。抗てんかん薬であるバルプロ酸ナトリウム や、血液を固めないための薬であるワルファリンと併用する場合は、まず医師、薬剤師に相談してみるのが安心です。

 

ジャパンサプリメントでは、キトサン配合サプリメントをはじめ、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 

最新情報をチェックしよう!