アスタキサンチンの効果とは?抗酸化パワーでいつまでも若々しく

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回はアスタキサンチンについて解説します。アスタキサンチンの基礎知識から、期待できる効果などを紹介していきます。

アスタキサンチンとは

藻類やオキアミ、エビ、鯛、鮭などの魚介類に含まれている赤い色素で、カロチノイドの一つです。甲殻類では殻に存在し、それらを餌とする真鯛では体の表面に、鮭科の魚類では筋肉の赤色部分などに存在しています。 甲殻類においては、タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色ですが、加熱によりタンパク質が変性してアスタキサンチンが遊離し赤色になります。甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来します。

アスタキサンチンには下記の作用を期待することができます。

・抗酸化作用

・抗炎症作用

・免疫賦活作用(免疫力を活性化させる)

アスタキサンチンはα-カロテン、β-カロテン、ルテイン、リコピン、ビタミンE等よりも強い抗酸化作用を有しています。成分値を比較した場合、βカロテンの5倍、コエンザイムQ10の800倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍もの抗酸化力を持つともいわれています。アスタキサンチンは通常の食材にも含まれている成分であり、安全性は比較的高いとされています。

アスタキサンチンの作用の実例を挙げてみましょう。鮭は命を懸けて産卵のために川をのぼります。鮭は何も食べずに浅瀬で強烈な紫外線にさらされながら川をのぼります。たいへん過酷な環境で体がボロボロになり、悪玉酸素の活性酸素が大量に発生します。しかしなぜ産卵場所にたどりつくことができるのでしょうか。これはアスタキサンチンのお陰で、活性酸素を消去してスタミナを温存しサケの身を守るからなのです。アスタキサンチンの研究も活発に行われています。サプリメントやドリンク、化粧品など、アスタキサンチン配合商品の開発が多く行われています。

 

アスタキサンチンに期待される作用

期待される作用について、大手企業や各研究機関の研究が数多く報告されています。その内容は、抗酸化、抗疲労、抗炎症、免疫強化、動脈硬化抑制、ストレス抑制、糖尿病予防、発ガン抑制、目・脳・肝臓・皮膚の機能を高める事、などなど多岐にわたります。

その中でも、一番の期待される作用は抗酸化です。抗酸化とは活性酸素によって酸化を抑えることをいい、活性酸素から体を守ることを抗酸化作用と言います。活性酸素の発生の要因は加齢、激しい運動をした時、強いストレス状態、病気の時、紫外線や排気ガスなど大気汚染にさらされている、食品添加物を摂取、ダイオキシン、電磁波などの環境要因、喫煙、肥満などさまざまです。人はもともと活性酸素を無毒化する力を持っています。しかし前記のような要因で活性酸素の過剰発生が続くと、本来持っている抗酸化力では足りなくなります。この活性酸素の過剰発生から身体を守るには、さらに抗酸化成分を摂取することが必要になるのです。アスタキサンチンの優れた抗酸化力は、体内で増えた活性酸素を除去し、老化や生活習慣病などを予防します。

アスタキサンチンは脳の細い血管の血液脳関門を通過することができます。つまり脳細胞に到達することができる抗酸化物質です。これにより脳の抗疲労作用,老化防止作用が期待でき,脳血栓,脳梗塞など活性酸素により引き起こされる疾病を予防すると期待されています。また、老化により脳組織の酸素が不足して、認知症の進行に予防や、様々な脳疾患の進行を予防することが期待されています。

目の血管は、脳の動脈から分かれています。脳の細い血管を通過できるアスタキサンチンは、目に到達することができます。脳を通過して目に有効成分が到達するので、眼精疲労の軽減と疲労回復に期待がもてます。

糖尿病に対する作用としては、糖尿病が原因で起きる腎臓の機能低下を抑制する効果があり、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に注目が集まっています。これは腎透析の患者増大に期待されています。

免疫力の向上にも効果があります。花粉症やアレルギー症状の抑制に有効であるといわれています。

アスタキサンチンはアンチエイジング効果抜群

人は加齢によって老化が進みますが、アスタキサンチンの強い抗酸化作用は老化を遅らせる作用を持ちます。

活性酸素が肌に及ぼす影響は、各機関により数多く研究されています。アスタキサンチンはさまざまな美肌効果をもたらします。肌は絶え間なく細胞分裂をし、自らを正常な状態に保っています。しかし加齢によりその力は弱まります。また紫外線によって発生する活性酸素は、お肌の、シミ、シワ、肌荒れなどのダメージの原因になります。活性酸素は肌の保湿、弾力性維持、細胞の産生等の皮膚の基本的な機能を担う重要な細胞には大敵です。アスタキサンチンは 活性酸素を消去する作用が強いため、紫外線がお肌へのダメージを軽減します。なおかつメラニンの生成を抑制するため、お肌にしみができる原因を排除できます。そして、美肌だけでなく、美白にも効果もあります。

加齢臭は加齢や喫煙などにより発生してしまいますが、アスタキサンチンはこれら加齢臭の原因となる酸にも効果があります。

メタボにも効果があります。これは、アスタキサンチンには運動時に脂肪を燃焼させる効果があるためです。年齢とともに肉体は太りやすくなり内臓脂肪を増加させます。アスタキサンチンには、この内臓脂肪を減少させる効果もあります。

オメガ3とアスタキサンチンを合わせ持つクリルオイル

クリルオイルは、健康成分の王道、DHA・EPAのオメガ3とアスタキサンチンの理想の組み合わせです。オメガ3は酸化に弱く、それを強力な天然抗酸化物質のアスタキサンチンが保護します。この良質な品質を維持されたオメガ3とアスタキサンチンの作用は素晴らしい相乗効果を発揮します。しかも水に溶けやすく吸収力抜群のスーパーオイルといえるでしょう。

●おすすめのクリルオイルサプリメントはこちら●

Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

南極オキアミからとれるオキアミ油には、一般的にオメガ3として広まっているサケやイワシの魚油とは異なったリン脂質型のオメガ…

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 

●抗酸化に関する記事は他にも●

関連記事

水溶性であるビタミンCは、抗酸化作用が注目されているベーシックサプリメントです。ビタミンCは生命活動に欠かせない5大栄養素の1つです。美肌や健康のためにビタミンCを積極的に利用している人はかなり多いと思います。このビタミンCには、天然と[…]

関連記事

活性酸素は、私たちの体内で日常的に発生しています。活性酸素の発生の要因は加齢、過度の運動や運動不足、強いストレス状態、偏った食事、喫煙、不健康な生活習慣、慢性炎症、病気、紫外線や排気ガスなど大気汚染にさらされている、食品添加物の摂取、ダイオ[…]

関連記事

日本人に古くから飲まれてきた「緑茶」。その主成分である「茶カテキン」が2000年代前半から注目され、その後特定保健用食品(トクホ)として認可を受けてからは、さまざまな商品が発売されています。今回は、そんな「茶カテキン」に注目し、研究されてい[…]

参考資料

・n-3系多価不飽和脂肪酸結合脂質の構造と機能
(一般財団法人 食品分析開発センター SUNATEC 発行 北海道大学院水産科学研究院 準教授 細川雅史 著)

・南極オキアミについての学術論文
(AkerBioMarine社サイトより)

・抗酸化作用を有したサプリメントの摂取が身体的疲労及びスポーツパフォーマンスに与える影響
(国士館大学体育学部 須藤明治 国士舘大学体育学部非常勤講師 山田健二 早稲田大学ナノライフ創新研究機構 矢澤一良 著)

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!