今注目の「天然抗菌水」-品薄状態の救世主「安心安全」の水

除菌に関連する商品が品薄になっているようですね。

日本経済新聞 電子版

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、国内でマスクや除菌用品の品薄が深刻だ。メーカーは増産を急ぐが追…

インフルエンザの流行も重なり、まだまだ品薄状態が続くことが予想されます。

細菌・ウイルス感染予防の観点から、アルコールによる手指の消毒が各所で推奨されていますが、入手できなければ意味がありません。
そこで注目されているのが「抗菌水」です。

アルコール消毒時の注意点

手荒い、うがい、マスクによる対策に追加したいのが除菌です。
除菌をすることによって、身体に害を及ぼすような悪い菌を除去し、感染症や風邪などのリスクを抑えることが出来ます。
しかし、必要以上に除菌を行うと、身体に良い働きをしてくれる必要な菌までも失うことになります。

病院などの衛生が必要な施設への入館時や、衛生的によくないような環境下においてはアルコール除菌を行うことはとても重要なことですが、気づくと、外出時に、一日に複数回アルコール消毒をするときもあります。さらに帰宅・帰社時など手洗いの後にアルコール消毒をおこなっているのではないでしょうか。

アルコール消毒のし過ぎによる「手が荒れ」って気になりませんか?
複数回のアルコール消毒は、肌をキレイに保っている常在菌のバランスを崩し手荒れを起こす原因になります。
悪い菌と戦う良い菌がいなくなり、アレルギーへの耐性が低下したり、またアルコールには脱水作用もあるため、皮膚表面の皮脂と水分の両方を奪い、手荒れを起こす原因になります。

いまこそ「天然抗菌水」

菌を全て排除してしまうのではなく、身体にやさしく健康維持を考える必要があります。
それは「抗菌水」との併用です。
また、アルコール消毒が無い場合にも「抗菌水」が役に立ちます。

抗菌水とは

「抗菌水」。あまり聞きなれない言葉ですが、製法、原材料にはさまざまなものがあります。

内容としてはその名の通り、抗菌作用のある水のことです。

乳酸菌や酵母菌などの培養によって分泌された酵素によって作られたもの。水に銀イオンを溶かして作られたもの。その他の抗菌性を持つ金属イオンと水を合わせたもの。溶菌酵素と呼ばれるたんぱく質から作られたもの。などなど…

最も優秀な抗菌水は「天然抗菌水」です。

現在、水を利用した抗菌商品の技術進歩は凄く、高い抗菌性と安全・安心の信頼性が高い事から、赤ちゃんから高齢者まで使え、食材の洗浄、さらにはペットまでの健康関連に使われています。
天然由来のため、毎日複数回使っても安心で、口腔内のケアとしても使えます。また、拭き掃除に使っても物を傷めません。
ウイルス感染が高いところでは「アルコール消毒」、汎用性の高い「天然抗菌水」は、気軽に普段使いにするということもできます。

場面に合わせて「アルコール消毒」と「天然抗菌水」を使い分けて、身体の負担を軽減し健康維持を行いましょう。

この抗菌水を利用することにより、必要なタイミングを見極めた上で除菌が可能になります。場面場面で除菌と上手に付き合え、かなりレベルが高く身の回りの環境を清潔に保つことが可能になります。

 

注目の「天然抗菌水」
かなり優秀な商品です。(画像をクリックすると商品紹介サイトへジャンプします)

敏感肌・乾燥肌用スキンケア専門 デリケートゾーンケア 肌の黒ずみ・かゆみケア・デオドラント・保湿をするなら WAF…

 

 

 

最新情報をチェックしよう!