『ビタミンB3(ナイアシン)』の働きと多く含まれる食品|心身を安定させるビタミン

ビタミンB3は、水溶性ビタミンのひとつです。

B3はビタミンB複合体で、ナイアシンともいいます。(ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称です。)
すべてのB群のビタミン同様、この水溶性のビタミンは、余分に摂取された分は体内に蓄積されず、すべて排泄されます。
熱に強い性質を持っているので、加熱調理でも消失することがなく、また酸やアルカリにも強い性質を持っています。ビタミンB群は、単体ではその効果を発揮しにくく、B群同士お互い助け合う相助作用があります。

ビタミンB群は一緒に摂るのが望ましく、また一緒に摂ることでその効果は大きくなります。

ビタミンB3(ナイアシン)の働き

ビタミンB3はB2と同じく、三大栄養素(脂質・糖質・タンパク質)をエネルギーに変える代謝を助ける働きがあります。
二日酔いの原因となるアルコールを分解するときに働く「酵素」を助ける「補酵素」としての役割を担っています。

体内でアルコールが分解後に生じるアセトアルデヒドという物質があるのですが、お酒を飲みすぎて自分の代謝能力以上にアルコールを摂取してしまうとアセトアルデヒドが体内に残ります。この状態を二日酔いといいます。ビタミンB3には、二日酔いを起こす成分であるアセトアルデヒドの分解を助ける補酵素の働きもあります。さらに循環系、消化器系、神経系の働きを促進するなどの働きもあります。

ビタミンB3は、アルコールをよく飲む方は、積極的に摂りたいビタミンといえるでしょう。

ビタミンB3(ナイアシン)が不足すると

極度の欠乏症になると、「ペラグラ」という病気になってしまいます。ペラグらは、手足や顔、首に皮膚炎が起こり、さらに下痢や頭痛なども起こします。また、ビタミンB3(ナイアシン)は心身の安定に欠かせないビタミンで、これが足りないとバランスが崩れて倦怠感や食欲不振も起こります。

ナイアシンはアミノ酸の一種であるトリプトファンから生成することが可能です。しかし、ビタミンB1、B2、B6がないと生成できません。これはビタミンB群同士、お互い助け合う相助作用をよく表しています。

ビタミンB2(ナイアシン)を多く含む食品

ビタミンB3(ナイアシン)は、舞茸などのきのこ類、かつお、たらなどの魚介類、鶏、豚、レバーなどの肉類、ピーナッツなどの穀類に多く含まれています。熱に強いため、加熱による損失は少ないですが、水溶性ビタミンのため、洗ったりゆでたりすると水に溶けだす場合があります。

 

関連記事

「ビタミン」と聞いてみなさんはどんなイメージを持ちますか?真っ先に思い浮かべるのはビタミンCあたりですかね。さっぱり、すっぱい、さわやか…中身が何かはわからないけど、ビタミンって聞くとなんか体に良さそう。 でも、ドラッグストアやスーパ[…]

関連記事

水溶性のビタミンの一つであり、さまざまな代謝に関与する栄養素、今回はビタミンBの種類と有効性について解説したいと思います。ここでは、ビタミンB群各種の役割や作用を説明しますが、それ単体ではうまく機能しないことをご理解いただいたうえで読んでく[…]

 

ジャパンサプリメントではビタミンBサプリメントを販売していませんが、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味のある方はぜひこちらのJapan Supplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!