白血球数の基準値は、各検査機関によって違いがあります。

数値単位は「/μl(ナノリットル)」で、基準範囲を3,500~8,500、これより低いと「異常」、高い場合は「要注意」です。