「BMAL1」ビーマルワンとは-深夜に食べると太りやすくなる理由

BMAL1(ビーマルワン)とは、体内時計遺伝子のひとつであり、体内時計を正しく保つ役割を果たすタンパク質のことです。

このBMAL1(ビーマルワン)の特徴を知ることが、ダイエットの効率を上げるのに役立つようなので今回解説していきます。

体が脂肪をため込んでいる時間帯

人間の体は多くのたんぱく質によって構成され、BMAL1は全身のほぼすべての細胞に存在します。

BMAL1の量は一日の中で変動します。昼間は少なく、夜になると増加するという特徴を持っています。時間帯でいうと、昼の14時頃がもっとも少なく、深夜2時頃にもっとも多くなり、その数は14時頃の20倍近くにもなるとも言われています。

BMAL1がどうしてダイエットと関係があるのでしょうか?

BMAL1は夜10時から深夜2時をピークに朝の6時まで活発に活動します。ほどんどの人が眠っている時間ですね。つまり、体を休めているこの時間帯にBMAL1が増加して、脂肪を体内に積極的に溜め込もうとする働きをします。反対に、BMAL1は減ると脂肪を溜め込みにくくなるという性質もあります。

この特徴を頭に入れたうえで考えると、脂肪が少ない夕食を夜9時までに済ませることがダイエットにとってとても大事だという感じがしてきますよね。

夜9時以降の食事はBMAL1が活発に活動するので、脂肪の合成を促し脂肪細胞を作り出してしまいます。「夜遅く食べると太りやすい」と言われる理由はここにあるのです。

太りにくい体にするには、このBMAL1の動きを考え、遅くとも9時までには夕食を食べ終えましょう。
ラーメンや炭水化物系、脂っこいものなどを食べるなら昼食です。
「3時のおやつ」も理にかなっています。
ケーキや甘いものは夕食の後ではなく、3時のおやつで食べた方が太りにくくなります。

人間の身体は就寝時間帯にあわせてエネルギーを蓄積するように作られていということです。

あ、ちなみにBMAL1とは・ブレイン・マッスル・アーント・ライクの頭文字をとっています。

まとめ

以上の事から、BMAL1だけを気にしてさえいれば太らないじゃん!と考えてしまう方も多くなりそうですが、ものごとに(特に体の事に)「完璧」「100%」というものは存在しないと思います。

そもそも夜遅くにたくさん食事をするという事は、BMAL1を知らなくても「太りやすい」と思いませんか?その漠然とした思いをBMAL1は具体的に説明してくれているわけです。まずは、食事の栄養バランスや睡眠方法での規則正しい習慣を目指すことが、健全なダイエットへの近道かもしれませんね。

 

●こちらもあわせてご覧ください●

関連記事

普段から多種の食材をバランスよく摂取したいとみなさん考えていると思いますが、手間が掛かってしまいなかなか継続できませんよね。食生活を大きく変えることは精神的な負担も増えます。まずは、普段の食事を気にすることから始めましょう。 […]

関連記事

今回も、前回に引き続き「睡眠について」の解説です。 「質の良い睡眠」をとるためのメカニズムや、自然に起きられる快眠法を考えてみます。   ●関連記事はこちら● [sitecard subtitle=関連記事[…]

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味のある方はぜひこちらのJapan Supplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!