『α-リポ酸』の役割と安全性-サプリでの摂取が効率的!?

α-リポ酸は、ビタミンに似た生理作用をもつ有機化合物で、ビタミンとは違い体内で生合成できます。栄養素として必ずしも摂取する必要がないものですが、微量で体内の代謝に重要な役割を担います。脂溶性および水溶性を持ち、体内のほぼ全身に存在しています。ただし、加齢とともに減少する傾向にあります。

α-リポ酸は様々な食品に含まれていて、酵母、牛・豚の肉類、ホウレンソウ、ブロッコリー、トマト、ジャガイモに含まれています。
しかし、食品から摂取できる量はわずかであるため、食事から十分な量を摂ることは難しいといえます。

いままでα-リポ酸は医薬品のみの使用でしたが、2004年に厚生労働省が食品での使用を認可し、サプリメントととしても使用が可能になりました。

α-リポ酸の役割

代謝を助ける働きをします。

α-リポ酸の重要な働きは、細胞レベルでエネルギーの生産を助けます。つまり、エネルギーを作りだすための酵素の働きを助けます。
具体的には、人の生命活動の基本となるエネルギーは「ATP」といいます。これは細胞内のミトコンドリアの中でつくられます。
α-リポ酸は、補酵素としてミトコンドリアに燃料を用意して、エネルギーを作るのを助けています。αリポ酸を多く摂れば、細胞内で燃える燃料の量を多く増やすことができます。

血糖値改善・脂肪蓄積抑制

α-リポ酸は、サプリメントとして糖尿病や肥満、そのたの生活習慣病に対して利用されています。
血糖を下げる働きのあるホルモンのインスリン。
このインスリンの働きや分泌量が正常にも関わらず、インスリンが十分な効果を発揮していない状態を改善し、また血糖降下作用があると報告があります。

強力な抗酸化作用

α-リポ酸は、脂溶性でも水溶性でもあるので、体内のさまざまな細胞内・外でも抗酸化作用を発揮できます。
また、αリポ酸そのものに抗酸化作用があるほかにも、ビタミンCやE、CoQ10、グルタチオンといった他の抗酸化物質を再生させる力があります。

α-リポ酸の安全性は?

適切に摂取していれば安全です。しかし、治療中の糖尿病患者、伝性素因を持つ者は医師や薬剤師に相談が必要です。また、妊婦・授乳婦等における安全性については信頼性の高いデータが十分に得られていないので使用は避けることが妥当です。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!