青汁で人気の素材『大麦若葉』の効果とは?酸化を防いでアンチエイジング

みなさんも一度は飲んだことあるのではないでしょうか。

「青汁」は最近、健康食品の中でも、すっかり定着アイテムとなりました。

青汁とは、生の緑黄色野菜を中心に葉野菜をしぼった汁です。野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養素は加熱したものより高いのが特徴です。
健康食品の市場では、大麦若葉、ケール、明日葉などの緑色野菜を中心として開発された商品が販売されています。

大麦若葉の特徴と効果

大麦若葉は繊維質が硬いため、食材としては適していませんでしたが青汁としては優秀な素材です。
青汁として利用されるのは若葉です。

若葉

大麦の若葉には、他の緑黄色野菜に比べミネラル類のカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが多く含まれています。
ビタミン類もビタミンA、B1、C、その他にカロテノイド、酵素なども多く含まれています。食物繊維に関してはケールよりも豊富です。
若葉の緑色は葉緑素が入っているからです。光合成を行う植物には葉緑素があり、これをクロロフィルともいいます。
クロロフィルは、角質の皮脂層で溶けます。細胞組織の成長促進や皮膚形成、肌の炎症を抑え、抗菌性と殺菌力があります。

大麦若葉の青汁の特徴は、他の青汁に比べSOD酵素が多いということです。
SOD酵素とは、体内に発生した活性酸素を除去する効果があります。

このように大麦若葉の青汁は、SOD酵素や抗酸化ビタミンを持ち、また腸内フローラを作りだし老化予防に効果的です。

 

●SODについての関連記事はこちら●

関連記事

活性酸素とは何者でしょう。 人が呼吸することにより酸素を摂り入れ、その酸素を血液で体内の細胞へ運搬し、活動エネルギーを生成します。その酸素の一部が、活動エネルギー生産の過程で生ずる活性酸素に変化します。 この活性酸素は、正常の酸素よりず[…]

 

大麦

大麦は古くから薬用として用いられていました。
ビールの旨味を引き出す素材としても有名です。
大麦の外皮や外皮除いた胚乳には食物繊維が豊富です。水溶性と不溶性の食物繊維を両方持っています。
水溶性はLDLコレステロール値の低下、食後の血糖値上昇を抑えるなどが期待でき、不溶性は、腸内環境を整え便秘を改善します。

 

●食物繊維についての記事こちら●

関連記事

「食物繊維」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか? ほとんどの方が「便秘予防・おなかスッキリ」とイメージするのではないでしょうか。 今回は、そんなイメージの食物繊維に注目して解説していきます。 食物繊維とは 食物繊維(し[…]

 

大麦若葉の安全性

青汁は、製品によって原材料やそれぞれの含有量が異なります。安全性は製品の成分や品質によって変わるため、効果や安全性も製品によって異なります。
原料を濃縮して製造されるので、特定の成分を多量に簡単に摂取できてしまいます。過剰摂取は避けましょう。
妊娠中の女性や小児脂肪便症の患者は、芽の摂取は避けましょう。

 

ジャパンサプリメントでは、食物繊維をはじめとした健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!