唐辛子にたっぷり含まれる「カプサイシン」-その有効性と安全性

唐辛子には、カプサイシンという成分が含まれています。カプサイシンは辛味成分の一種であり、関連する辛味成分の総称でもあります。

辛味成分の仲間としては、

  • 胡椒→ピペリン
  • からしとわさび→アリルイソチオシアネート
  • 山椒→サンショオール

が挙げられます。

●山椒についての関連記事はこちら●

関連記事

山椒と言えば鰻の蒲焼や焼鳥にふり掛けたりする独特の香りの薬味です。 山椒はミカン科サンショウ属の落葉低木です。実・葉・種すべて調理に使うことができ、あますところなく食べられます。 山椒粉は、実の皮(果皮)を乾燥させて粉にしたものです[…]

 

カプサイシン、ピペリン、サンショオールの特徴は熱に強く辛さは後まで残ります。アリルイソチオシアネートは熱に弱く辛さは一瞬で後に引きません。

今回は唐辛子とカプサイシンについて解説します。

唐辛子の効能、カプサイシンの働き

唐辛子を食べると、体が熱くなったり汗が出たりします。
これはカプサイシンが吸収されると、脳や脊髄など中枢神経が刺激され、ホルモン(アドレナリン)が分泌しエネルギー代謝が活発となり発汗が起こります。
血行も良くなり体温が上昇するため、冷えやむくみなどにも効果が期待されています。
カプサイシンは、胃や腸の粘膜を刺激し、唾液や胃液の分泌を促進して消化を助ける働きがあります。
またカプサイシンには抗炎症作用もあるため、のどの殺菌効果もあります。

カプサイシン以外にも唐辛子には、抗酸化作用や生活習慣病、疲労回復などの効果がある栄養素のβカロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。

このように唐辛子は、血行改善、抗酸化作用、新陳代謝の活性など様々な効果があります。

調味料による適度な辛さは食欲を増進させます。

唐辛子を粉にしてもカプサイシンは減りません。また、加熱してもカプサイシンは壊れにくいので調理した後も辛味は残ります。
水に溶けなく、油やアルコール、酢には溶けやすい性質を持ち、これらに漬け込むとカプサイシンは溶け出します。
唐辛子を食べ過ぎると、知覚神経を麻痺させ辛みよりも痛みを強く感じたり、味を感じにくくなったりすることがあります。

安全性

少量のカプサイシンは、適度に刺激により唾液が出て、食欲が増進しますが、大量のカプサイシンを摂取すると、粘膜が傷つきやすくなり胃腸などが荒れたり、咳が出たりします。
また人によってはアレルギーを引き起こす疑いもあります。授乳中も摂取は避けてください。
辛い物は少量だと良いけど食べ過ぎは良くないことがいえます。

 

編集長の独り言

唐辛子系の辛味には、βエンドルフィンなどの幸福感をもたらす物質を分泌させる作用があるそうです。これは脳が辛い物の刺激を痛みととらえて、その痛みを和らげようとするからなんですって。

だからといって摂りすぎはダメダメですよ!

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!