バターはビタミンAの宝庫!マーガリンとの違いや健康作用についても

バターとマーガリンはどう違うのでしょうか?

今回は、材料、製造方法、成分などから見たバターとマーガリンの違いについて説明します。

バターとマーガリンの違い

材料

どちらも油脂が80%以上ですが、原材料が違ってます。

バター

バターは牛乳の脂肪分で、マーガリンは植物性脂肪からできていています。

バターの原料は主に牛乳です。
バターとは「乳脂肪分が80.0%以上、水分が17.0%以下の食品」と法律で定義されています。

マーガリン

マーガリンの原料はコーン油、大豆油、パーム油、なたね油などの植物性脂肪です。

製造方法

バター

バターは、生乳や牛乳から分離したクリームを固めたものです。

マーガリン

マーガリンは常温で硬化させるために水素を添加する「水素添加法」を行います。この製造過程でできるトランス脂肪酸が問題です。
この人工のトランス脂肪酸は食品から摂取する必要はなく、トランス脂肪酸を摂りすぎることで、健康へ悪影響を及ぼす可能性があります。

成分

バター

乳脂肪が主成分のバターは、ビタミンA、E、Dが豊富です。特にビタミンAは高い含入率です。ミネラル類も含まれています。カルシウム、カリウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などです。
牛乳の脂肪分の特徴としては、冷たくなると固まる性質があります。

マーガリン

マーガリンは精製した油脂に発酵乳・食塩・ビタミン類、着色料、香料などを加えて乳化し練り合わせて固めます。
植物油脂由来の必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸が含まれています。マーガリンは 10℃ ~ 30℃ の間で柔らかく、使用しやすい状態を保ちます。

バターの健康作用

バターは、添加物を使われていません。動物性脂肪のため、常温で固形状態になっています。水素添加が必要ないのでトランス脂肪酸を生みません。

バターに含まれる乳酸菌には、腸内環境を整え、便秘を予防する働きが期待できます。
ビタミンA は水溶性ビタミンであり、皮膚や粘膜を強くしてくれる働きがあります。
また、抗酸化作用を持つビタミンA・Eは、活性酸素の働きを抑制し老化を予防します。

 

ビタミンA・Eについての関連記事はこちら
関連記事

脂溶性のビタミンの一つであり、レチノール、レチナール、レチノイン酸の総称のビタミンAの働きと有効性について解説したいと思います。 ビタミンAの働きと注意事項 ビタミンA (レチノール) は主に動物性食品に含まれており、目や皮膚や粘膜の正[…]

関連記事

脂溶性のビタミンの一つであり、生活習慣病の予防として期待されているビタミンEの種類と有効性について解説します。 ●ビタミン全般についての記事はこちら● [sitecard subtitle=関連記事 url=https://bl[…]

摂りすぎ注意!

しかし、動物性脂肪のコレステロールがあります。コレステロールは、 100g あたり 215mg 程度を含んでいるので、コレステロール値が高く、動脈硬化が起こるリスクもあります。
バターとマーガリンの共通点はカロリーの高さにあります。

 

バターの種類

  • 非発酵バター

発酵させていないクリームから作られます。日本の家庭では、ほとんど非発酵バターを使用しています。

  • 発酵バター

生乳から作られています。発酵により香りとコクが強いばたーです。

  • 有塩バター

長期保存のために食塩を加えます。日本では非発酵の有塩バターが主流です。

  • 無塩バター

食塩が使用されていません。日本においてはお菓子作りやパンに使用されることが多いです。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康にサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらの商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

 

最新情報をチェックしよう!