舌の色・形で健康状態がわかる!歯磨きと一緒に‟あっかんべー”で身体のチェックを!

口の中は、体質や健康状態などさまざまな情報が集まっています。とくに、舌は体調の変調が真っ先に表れる場所です。毎朝の歯磨きの際、舌を出して色や形などをチェックしてみましょう。
舌の色でその日の健康状態が分かります。前日の食事や体調などで大きく違います。

健康な舌はほんのりと薄いピンク色で、舌の表面に白くて薄いコケに覆われています。また、適度な引き締まと潤いがあり、裂け目がありません。

まずは舌の色や形をチェックしてみましょう

舌チェックは1人でもしっかり確認でき、家族間でも気軽にチェックし合えます。
舌は健康のバロメーターで、舌の色の状態で体調に問題があるのか、そしてどのような症状が表れるのかが分かることがあります。
舌の色を見る習慣をつけ健康維持に役立てましょう。
違和感があれば、下記のチェックリストで調べてみてください。

①白い舌
舌の表面が見えないほどコケが白い時は、胃腸が悪かったりすることがあります。また、舌のコケでなく舌そのものが白い場合は、体に栄養を運ぶ血が不足しています。貧血の可能性もあるので要注意です。

➁黄色い舌
黄色く分厚いコケが増えたときは、アレルギーの前兆だといわれています。また、体の抵抗力が落ちて胃腸のバランスが崩れた状態でもあるので風邪をひきやすくなります。

③黒い舌
舌が黒褐色になった場合は、体の中の細菌バランスが崩れやすくなっている可能性があります。これは、抗生物質を長く飲んでいると起きる場合があります。飲食物やタバコなどの原因で起きることもあります。

④紫色の舌
紫色や暗い紫色の舌は、血流が悪くなるっている状態です。高血圧や脂質異常症、動脈硬化、冷え性、貧血の可能性があります。

⑤赤い舌(鮮やかなピンク色)
健康な舌は薄いピンク色です。赤い色は熱がこもった状態です。両側だけ赤い場合はストレスを感じているか、ビタミン類の不足が原因の場合があります。

⑥舌先の部分に赤い点
舌の先にイチゴのような赤い斑点がある場合は、不安神経症、不眠症などの精神的な疾患に多く見られます。特に女性では、自律神経失調症、更年期障害などの場合にもこのような舌が見られます。

⑦小さくて薄い舌
全身の栄養が足りない可能性があります。虚弱体質や高齢者に多くみられます。

舌チェックをすると、朝起きてなんとなく体の不調を感じたり、食欲がなかったり、だるかったりなどの原因が見えるかもしれません。
このように舌は内臓や血液を反映する健康のバロメーターなのです。

当てはまったら危険舌です

・舌苔が黒い(こげ茶)/消化管トラブル、胃・十二指腸に何らかの潰瘍などの危険性があります。

・まっすぐ出せない状態/筋肉を正常に動かす神経系のタラブル、心筋梗塞、血管詰まりなどの危険性があります。

・舌の裏の血管がボコボコの状態/血管が詰まりやすい状態で、脳卒中などの危険性があります。

どこも体調が悪くなかった場合、仕事・生活環境などによるストレス・不眠などの影響によることも考えられますが、明らかに色が違う場合や、形が違う場合は病院を受診したほうがいいでしょう。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!