ペインクリニックとは?痛みの原因になっている可能性がある生活習慣も

最近、目にすることの多くなってきた「ペインクリニック」。いったい何をしてくれる医療機関なのでしょうか。

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは痛みを治療する専門の診療所のことです。

ペインクリニックの「ペイン」は「痛み」という意味です。日常生活において、痛みは大変なストレスになり、私たちの生活や行動範囲を制限してしまいます。

そんな「痛み」ですが、その多くは原因が不明と言われています。ペインクリニックはその原因を突き止め、長引く痛みを改善してくれる診療所です。いろいろな病気によって起こる痛みやしびれ、病気に伴った不快な症状を診断・治療してくれるのです。

腰痛・頭痛・ひざ痛など、現在長引く痛みで悩む人は多く、主な治療は「神経ブロック治療」を中心とした方法により痛みを和らげます。

痛みの原因となっている神経やそのかたまりに、症状に適した薬を注入して、神経の働きを抑えて痛みを和らげる方法です。

また、内服薬や軟膏を使ったり、近赤外線照射を用いる光線療法や高周波療法、血流を改善する電極療法などもあります。

痛みの原因の可能性がある生活習慣

病気以外にも「痛み」が出る場合があります。その多くは生活習慣によるものです。

原因その1|筋肉の硬さ

筋肉の硬さが原因となっている場合があります。
筋肉が硬くなると、筋肉は収縮し始めます。その収縮した筋肉が、周囲の筋肉を常に引っ張る状態になり、腰や首などに痛みが生じる事があります

筋肉が硬くなる原因は、加齢や運動不足、若い時などにスポーツをして鍛えていた人が、スポーツをやめてしまうなどです。ると筋肉が収縮して硬くなります
□筋肉が収縮する。(長さが短くなる)
□筋肉小さくなる。(線維化=硬化する)
□筋肉硬化で血管が圧迫され、さらに硬くなる。

筋肉の柔軟性を高める事が大切です。
ストレッチは効果的、毎日続けると症状は改善されます。

原因その2|睡眠不足

痛みを感じると、そこから脳に伝わります。
これにより、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が放出され、痛みを感じにくくさせます。
しかし、睡眠不足が原因で熟睡できていないと脳が休みません。
脳の働きが低下すると、痛みを和らげてくれる神経伝達物質が放出されにくくなります。
つまり、痛みを感じやすくなります。
アルコールも深い眠りを妨げる原因になるので注意してください。

原因その3|神経障害性疼痛

何らかの原因により神経が障害され、それによって起こる痛みを神経障害性疼痛といいます。
手術痕で起こる痛み、帯状疱疹が治った後の痛み、糖尿病の合併症に伴う痛み、坐骨神経痛などがあります。
また、痛みを感じた周囲の筋肉も緊張状態に陥り、さらに直接関係ない部位の痛みを感じることもあります。

痛みは我慢しない!

痛いから動かないと筋肉が弱くなり、さらに痛みを強く感じるようになります。これは痛みの悪循環で、痛みを抑える脳の機能がますます機能しなくなります。

痛みは体の異常事態を知らせる信号です。痛みを我慢していると、脳にその刺激が伝わって過敏になり、慢性化しやすくなります。

神経的なストレスが脳の機能を低下させます

痛みが起きると脳から神経伝達物質が放出され、痛みを感じにくくさせます。ところが、非常に強い精神的なストレスを受けると痛みを抑える脳の機能が低下してしまいます。不安、怒りなどの慢性のストレスは、痛みを抑えようとする脳の機能の障害になります。

ペインクリニックは、痛みの原因を様々な所見から診断してくれます。他の医療機関では原因が特定できなかった痛みなどは、一度ペインクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味のある方はぜひこちらのJapan Supplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!