セルライトの原因と対策|目立たなくするマッサージも

セルライトとは

25歳を過ぎたあたりから、太もも裏、お尻、お腹の付近にオレンジの皮のようなボコボコが付きやすくなります。そのボコボコの正体は一体何なのでしょうか。
セルライトとは脂肪の塊です。皮下組織に表出します。
皮下脂肪と老廃物などが固まって線維化し蓄積され、肌の表面皮膚がボコボコとしていきます。この老廃物が絡みついた脂肪細胞は厄介者で、一度ついてしまうと除去しにくいのです。
また、体型とセルライトには関係がないので、痩せていても付いてしまいます。このようなセルライトは、皮下脂肪よりも体から消しにくく、目立たなくする方法が有効とされています。
セルライトは、何が原因で出来てしまうのでしょうか?

セルライトの原因

セルライトの主な原因は、代謝力の低下や血行不良

体内の代謝力が落ちると、リパ液が脂肪細胞の周りに吸着して固まってしまいます。
また、血行が悪くなると、栄養分が体の隅々まで行き渡らず、老廃物が蓄積されてしまいます。

老廃物

体内で細胞の代謝ででる不必要な代謝産物や、食品に含まれる添加物などの不要物、不必要な中性脂肪が体外へ排出できず体内に溜まっているものです。
これらが細胞の周りに絡みついて塊になりセルライト化していきます。

筋肉量が少ない

筋肉量が少ないと、血行不良やむくみの原因にもなりセルライトができやすい体になります。
基礎代謝が高い人は筋肉量が多いといわれます。

運動不足

汗をかくことによって皮膚から老廃物が排出されますが、運動不足で汗をかく機会が減ったり、血行が悪くなると体内に老廃物が溜まったままの状態になってしまいます。

加齢による肌の老化

加齢よって代謝力が落ち、脂肪の燃焼量も減ってきます。ダイエットしても痩せにくい身体になります。
加齢による筋力低下で脂肪がたるみ、周囲の血管が圧迫されて血液の循環が悪くさせます。

体脂肪が多い

体脂肪が多いと、脂肪細胞が肥大化してセルライトになる可能性が高まります。

塩分のとりすぎ

塩分をとりすぎると、体内の塩分濃度を一定にしようと体が働き、水で薄めようと体内に水を溜めこんでしまい、老廃物が溜まったままの状態になってしまいます。

ホルモンバランス

特に女性は生理や妊娠、出産、過度なダイエットから起きるストレスでホルモンバランスを崩す人もいます。
ホルモンバランスが乱れると、エストロゲンが過剰に分泌され脂肪細胞が大きくなります。

睡眠不足

睡眠不足は自律神経の乱れを招くからです。自律神経の乱れは血流を悪くさせ代謝力を低下させます

ストレス

ストレスも自律神経の乱れの原因になります。
ストレスによって交感神経が優位になると、血液の流れが悪くなります。

喫煙やサイズの合わない下着

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血行を悪くします。
サイズの合わない下着は、接触部分にストレスを老廃物が溜まりやすくなります。

セルライト対策

筋トレ

体全体の筋肉を増やす。特に太もも裏、お尻、お腹の付近のトレーニングが必要です。

食事の注意

・食品添加物の摂取を減らす

・塩分の多い食事を減らす

・水分をしっかり補給する

マッサージ

マッサージはセルライトを流すように行いましょう。力を込めて潰すようなマッサージはNGです。
皮下組織や毛細血管を傷付けてしまい、その傷ついた細胞を修復しようと、さらに大きな脂肪ができてしまいます。

セルライトは脂肪に老廃物が絡みついている状態なので、セルライトの部分を「流す」ようにマッサージするのが正解です。

リンパをマッサージは、リンパの流れを良くすることにより、溜まっていた水分や老廃物がスムーズに流れます。また、むくみも改善され、血行も良くなります。

 

●あわせてご覧ください●

関連記事

女性の敵、セルライト セルライトに悩む女性は少なくありません。 下半身にびっしりとセルライトがついている。 太ももなどをマッサージするとゴリゴリと石みたいな感触ですごく痛い。 このように、セルライトが増えて神経を圧迫してしまうと、痛[…]

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!