アスパラガスの注目するべき2つの栄養素とは?-疲労回復や血管を丈夫にする?

春が旬のアスパラガス、他の野菜ではあまり摂る事のできない栄養素を含んだ食材です。アスパラガスは、日光を当てて栽培したものがグリーンアスパラガス、土をかぶせ日光を当てずに育てたものがホワイトアスパラガスになります。

今回は、グリーンアスパラガスの栄養や効能について解説します。

グリーンアスパラガスの栄養素

グリーンアスパラガスは、ビタミン、ミネラル分が豊富ですが、他の食べ物には無いような栄養素が含まれています。

アスパラギン酸

グリーンアスパラガスに含まれる栄養素の中で、特に注目したいのがアスパラギン酸というアミノ酸です。
アスパラギン酸は、アスパラガスから発見されたことで名付けられています。

アスパラギン酸は新陳代謝を促し、筋肉疲労で溜まった乳酸をエネルギーに変えることから、疲労回復に効果があります。
また、利尿作用もあるので、有害なアンモニアを体外へ排出します。

 

関連記事

人間の体を構成する20種類のアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2つに分けることができます。   ●以前の記事はこちら● [sitecard subtitle=関連記事 url=https://blog.ja[…]

ルチン

グリーンアスパラガスの穂先には、ポリフェノールの一種のルチンが豊富に含まれています。
ルチンは、主に穂先に含まれています。

ルチンは毛細血管の弾力性を高め、血管を丈夫にしてくれます。また、血行をよくするため、血圧を下げる効果が期待されます。ルチンは、 ビタミンCを多く含む食材と合わせると、ビタミンCの吸収効率を高める作用もあります。

 

関連記事

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回は「血液をサラサラにするには?」をテーマに血液をサラサラにするオメガ3やその他の栄養、食べ物について解説します。 まず日本人のオメガ3[…]

 

その他の栄養素は、ビタミンA・ビタミンB1・B2・B6、葉酸・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラル類が含まれています。

そしてアスパラガスの食物繊維はオリゴ糖も含まれているので便秘の予防にもなります。

グリーンアスパラガスの食べ方・保存方法・選び方

グリーンアスパラガスの栄養素を逃がさない調理方法

グリーンアスパラガスは、茹でるより炒めた方がおすすめです。
アスパラギン酸や葉酸などの水溶性ビタミンは、茹でるとお湯に溶けだしてしまいます。

また、水分量が多いので、茹でると水分が増えすぎて水っぽくなってしまいます。短時間で炒めたり、グリルしたりするのが良いでしょう。
もし茹でる時には、穂先に栄養成分が集まっているので、茎と穂先を別々に切り、穂先は鍋にさっと入れる程度にしましょう。
焼いてもうまみが逃げません。

グリーンアスパラガスの保存方法

グリーンアスパラガスの鮮度はとても落ちやすいので要注意。野菜室での保存に不向きな野菜です。冷蔵庫に保存するときは、ぬらした新聞紙に包みビニール袋などに入れて乾燥を防ぎ、穂先を上に立てて保存しましょう。

横にすると穂先は起き上がろうとエネルギーを消費してしまい元気がなくなります。
切り口が乾燥すると筋っぽい食感になってしまいます。

グリーンアスパラガスの選び方

新鮮なグリーンアスパラガスは色が濃く、みずみずしものが良いです。穂先が締まっていて、全体にハリがあり、まっすぐ伸びているものを選びましょう。

切り口が乾燥していたり、シワになっていたり、筋ばっているものは繊維が固く食べづらいので避けてください。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!