ビールに含まれる栄養成分とは?-適量の飲酒は健康維持に効果あり!

ビールに含まれる栄養成分

ビールには、どのような栄養があるのでしょうか?
使用する原料によって違いがありますが、一般的な、麦芽やホップ、ビール酵母を原料としているもであれば
ビタミンB群、ミネラルなどの栄養素が含まれています。

■麦芽は、ビタミンB1・B2・B6、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、葉酸などです。

■ホップは、フィストロゲンという女性ホルモンに似た抗酸化物質のポリフェノールです。

■ビール酵母は、ビタミンB1・B2・B6・B12、食物繊維、タンパク質などです。

ビールの健康効果

適量を守っていれば、健康維持にはビールが最適です。

ビールの1日の摂取量の目安は500mlです。アルコールの弱い人は、もう少し減らすのがよいでしょう。

胃腸の働きを向上

ホップから出る苦味は胃腸の消化液や唾液の分泌を促進する働きがあります。
注意点は、胃腸の働きが良くなるので、つい食べ過ぎてしまいがちになります。
おつまみを食べ過ぎる方が、尿酸値や中性脂肪を高める可能性があるので注意してください。

リラックス効果

ホップはハーブの1種で、その香りにはリラックス効果があります。また、フィストロゲンは自律神経の乱れを整えてくれる作用が期待できます。疲れた後にビールが飲みたくなるのはこの効果があるからですね。

利尿作用

ビールには利尿作用があるので、尿管結石の予防や改善にも期待ができます。

サラサラ効果

ビタミンB群やミネラルには、血液をサラサラにする作用が期待できます。

【番外編】日本のビールブランド

日本のビール醸造の歴史は、江戸末期の1853年から始まりました。明治2年(1869年)、横浜山手の外国人居留地に「ジャパン・ブルワリー」というビール醸造所が設立されました。

その後、横浜をはじめとした様々な場所でビール醸造所が続々と設立されました。

アサヒ:スパードライ

余分なものを削ぎ落し、鋭いキレと洗礼されたクリアな味を表現しました。1987年、革新的な「辛口・ドライ」として誕生し爆発的ヒットは衝撃的でした。

技術開発力、商品コンセプト、ネーミング、パッケージが斬新で時代にマッチしました。

キリン:一番搾り

一般的なビールは一番、二番搾りの麦汁まで使いますが、麦の豊かなうまみを感じさせる「一番搾り麦汁」だけで造られました。

純粋にうまさを追求し、常識にとらわれない製法から誕生したビールは、スッキリしているのにうま味も十分に味わえる「新しい定番ビール」の地位を築きました。

そして2017年に全工程を一から見直し、さらに「麦のうまみアップ」「調和のとれた味わい」を実現しました。

サッポロ:エビスビール

エビスビールは1890年に発売されて以来、120年以上プレミアムビールとして君臨してきました。ドイツビール純粋令(原料を麦芽、ホップ、水のみに限定)に基づく本物のビールの先駆者です。

酵母は、他の酵母に比べ香りを作る能力が高いエビス酵母です。そして、通常のビールの1.5倍も長期熟成することにより、特有のコクとまろやかな味わいを引き出しています。

サントリー:ザ・プレミアムモルツ

「世界最高峰のビールを造りたい」との思いから開発がスタート。素材は天然水、希少品種のダイヤモンド麦芽を一部使用し、製造も独自の煮出し製法と徹底的にこだわり抜きました。

きめ細かなクリーミーな泡、麦芽の美味しさと薫り高きアロマのプレミアムビールです。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!