黒たまねぎの驚くべきパワーとは?効能・健康作用を解説|この時期に摂取すべき栄養素

「発酵」、「醗酵」、「醱酵」。これらは、全て同じ意味の言葉です。「はっこう」には古くから「醗酵」という漢字が使用されていましたが、近年は簡略化した「発酵」の表記が一般的に使用されています。

黒たまねぎの驚愕パワーは黒にんにくに匹敵

以前の記事でにんにくを自己発酵させた「黒にんにく」の力について説明しましたが、たまねぎも自己発酵させると驚愕のパワーを持つことがわかっています。

 

黒にんにくについての記事はこちら
関連記事

「発酵」、「醗酵」、「醱酵」。これらは、全て同じ意味の言葉です。「はっこう」には古くから「醗酵」という漢字が使用されていましたが、近年は簡略化した「発酵」の表記が一般的に使用されています。 黒にんにくの発酵作用 発酵には「カビ」「酵母」[…]

たまねぎの栄養成分・効能

たまねぎが持つ栄養成分の「アリシン」と「ケルセチン」。

アリシン

「アリシン」の効能は、血流改善効果・生活習慣病予防、ビタミンB1の吸収を促進です。

ケルセチン

「ケルセチン」の効能は、強力な抗酸化作用です。

たまねぎ×自己発酵=黒たまねぎ

自身の酵素によって起こる自己発酵によって、たまねぎは「黒たまねぎ」になり、栄養成分である「アリシン」が増加します。
また、もうひとつの栄養成分「ケルセチン」が体内へ吸収されやすいタイプに変わります。

黒たまねぎは、微生物を添加せずにその食材が持つ酵素による発酵、いわゆる「自己発酵」によってできています。

黒たまねぎは、温度・湿度を管理し約30日間発酵・熟成させることでできあがります。その後、凍結乾燥させる方法などで物質特許が出願されたりしています。
これによりタマネギは黒くなり、栄養価が倍増しさらに新たな栄養素も生み出します。

生たまねぎからの黒たまねぎへの変化で、たまねぎが持っているほとんどの効能が大幅にアップします。

黒たまねぎになると成分が激増

●有用成分の「シクロアイリン」が生たまねぎと比較すると約30倍にも上昇します。
「シクロアイリン」は、脂質代謝改善効果(脂肪が体につきにくい効果)や抗血液凝固作用(血液が良くなる効果)が報告されています。

●発酵処理によってたまねぎの有用成分である「ケルセチン」が体内へ吸収されやすいタイプに変わります。
「ケルセチン」は、抗酸化作用、抗炎症作用、降圧作用など、さまざまな生理作用があることが報告されています。

●ポリフェノールは約3倍、ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があります。

このように「自己発酵」には驚くほどの力があります。

黒たまねぎの健康作用

体力増強・疲労回復

血液改善・冷えの改善

免疫力アップ

美容効果、活性酸素による細胞老化の予防

 

●黒にんにくと黒たまねぎのWパワーサプリメントはこちら●

Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

自己醗酵とは、素材の力のみで醗酵させることです。にんにくやたまねぎは長時間熟成し自己醗酵させることでポリフェノールやシク…

 

●関連記事はこちら●

関連記事

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回はたまねぎについて解説します。たまねぎに関する基礎知識から、期待できる効果、サプリから摂るべき理由を紹介し、近年注目されている醗酵黒たまねぎについても触[…]

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 

 

最新情報をチェックしよう!