DHAとEPAの違いや効果とは?|サプリでコレステロールに効果あり?

みなさんご存じの「オメガ3」
正確にはオメガ3脂肪酸、n-3系多価不飽和脂肪酸と呼ばれています。

健康維持を目的としたサプリメント成分として、テレビCMやインターネット広告でも見ない日は無いというほど目にしますよね。

α-リノレン酸、EPA、DPA、DHAの総称を「オメガ3」と呼ぶわけですが、なぜかその中でも「DHA」と「EPA」はセットで呼ばれることが多いです。なぜでしょう?

 

これは、α-リノレン酸は主に植物に含まれており、DHAとEPAは主に魚類に含まれているからなのです。(※DPAとはEPAとDHAの中間体であり、魚類にはあまり含まれておらずアザラシから摂れる油に多く含まれています)

 

セットで呼ばれているんだから成分や体に対する作用も同じなんでしょ?と思いがちですが、実はそうではありません。確かにどちらも同じオメガ3脂肪酸の仲間ですので、共通の期待される健康効果を持っています。

オメガ3脂肪酸に期待される健康効果

  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 網膜反射能維持作用
  • 情緒安定化作用
  • 抗皮膚炎作用
  • 体脂肪蓄積抑制作用
  • 生活習慣病予防(血中中性脂肪の低下、動脈硬化防止、血行促進、不整脈発生防止)

 

それとは別にDHAとEPAには、脳細胞への関与やコレステロール低下への作用などそれぞれ別の効果が期待されているのです。

 

そこで今回は、DHAとEPAそれぞれの説明や、体に対する作用、健康効果などについて解説していきたいと思います。気になる摂取量や飲むタイミングなどにも触れていきますのでお楽しみに!

 

DHAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚類に多く含まれる多価不飽和脂肪酸の一つです。
私たちの体にとっては必須の脂肪酸です。(脂肪酸とは、脂質を作るモトになるものです。)

DHAは栄養素として、人間の脳や目の網膜、心臓、胎盤や精子、母乳に多く含まれています。
しかし、DHAは体内では作られにくい脂肪酸であり、外部から食事やサプリメントなどを通じて補う必要があります。

EPAとの大きな違いは体への取り込まれ方です。EPAは体内に入ると全身の細胞に取り込まれますが、DHAは脳細胞、神経、網膜、心臓といった局所に取り込まれるという特徴があります。

DHAの健康効果

DHAには下記に挙げられるような健康効果が期待できます。

□脂質異常症の改善
□生活習慣病の予防
□ストレスの軽減作用
□記憶や学習能力の向上
□抗アレルギー・抗炎症作用
□認知症の改善
□視力・視覚機能の発達を促進

注目点は、DHAは脳や目に直接入って機能している優秀な栄養素であるということです。

特にDHAは、血液脳関門と呼ばれる血液と脳の間にある関所を通過できる数少ない物質の一つです。この関所は脳に不要で有害な物質を通さない仕組みになっていることからも、DHAが脳に必要な栄養素であることは間違いないと思われます。

前項で申し上げたように、EPAと違って脳や網膜(局所)へ行くことができるために、行った先で重要な働きをしていることが想像され、研究が続いています。(まだすべての働きは解明されていません)。

EPAとは

EPA(エイコサペンタエン酸)も、魚類に多く含まれる多価不飽和脂肪酸の一つです。
このEPAも私たちの体にとっては必須の脂肪酸です。

EPAも、体内では作られにくい必須脂肪酸であり、血管・血液の健康維持に重要な栄養素です。

DHA、EPAともにα-リノレン酸からの代謝で体内にて生合成できるのですが、その転換率は非常に低いことがわかっています。そのため、DHAとEPAともに「体内では作られにくい」のです。

EPAの健康効果

EPAには下記に挙げられるような健康効果が期待できます。

□血液をサラサラにする
□脂質異常症や高血圧の改善
□中性脂肪値を下げる
□血中コレステロール値の低下作用
□心臓病・脳梗塞・動脈硬化の予防
□抗うつ作用

EPAが血液に重要な理由は、EPAが赤血球の膜に取り込まれて赤血球が柔らかくなるからです。
そして、この傷んだ血管のメンテナンスにも有効的に働きます。
このようにEPAは「血液や血管の健康を維持するのに有効である」とされています。

臨床試験において、高用量を摂取した場合でも過剰症の報告がないことから比較的安全な栄養素であるとされており、血栓症予防や血中コレステロール低下を目的とした薬剤にも使われています。

DHAとEPAの摂取方法

最後に、DHAとEPAの摂取量やタイミング、効果的な摂取方法についてお伝えします。

摂取量やタイミング

食品ですので摂取のタイミングは自由です。
大切なのは毎日使い続けることです。自分に合った習慣に組み入れることがおすすめです。

あえて言うならば、サプリメントでの摂取の場合はコントロールができるので、一日の内で数回に分けて摂取した方が体に対して効果的かと思われます。食事で摂る場合は難しいですね…

夕食が魚の場合は朝飲むとか、朝食が干物だったら夜飲むとか、ですかね。

摂取量についてはDHAとEPA合わせて1日1,000mgを目安に考えると良いでしょう。

 

アル
1日の摂取量など、詳しい事はこちらの記事をご覧ください。
関連記事

健康を気にしている方なら一度は耳にしたことのあるDHAとEPA。 DHAとは「ドコサヘキサエン酸」 EPAとは「エイコサペンタエン酸」 のことで、それぞれ体内では合成されない必須脂肪酸のひとつです。脂肪酸の結合の仕組み[…]

効率よく摂取するならクリルオイルで!

DHA、EPAともに酸化しやすいことが特徴に挙げられます。

酸化したDHAとEPAは一部が体内に吸収されて、体の酸化につながってしまいます。
鮮度が高いオメガ3を選ぶことは重要ポイントです。
ジャパンサプリメントがおすすめするオメガ3は、DHA・EPAに天然の抗酸化物質(アスタキサンチン)を含むクリルオイルです。
アスタキサンチンがDHAとEPAを酸化から守ります。しかも水に溶けやすい親水性で、体内への吸収率はオメガ3の中でもトップになります。

 

●クリルオイルについて詳しい記事はこちら●

関連記事

新聞広告やテレビCM、ネット広告でもかなり取り上げられているオメガ3サプリメント。サプリメントの大手メーカーなら必ず取り扱っているといっても過言ではありません。   大々的に宣伝しているオメガ3(EPA・DHA)サプリ[…]

 

 

アル
おすすめのクリルオイルはこれです!
Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

南極オキアミからとれるオキアミ油には、一般的にオメガ3として広まっているサケやイワシの魚油とは異なったリン脂質型のオメガ…

 

まとめ

いかがでしたか?

 

冒頭で申し上げたように、セットでひとくくりにされてしまいがちなDHAとEPAですが、体内での作用や働きは違います。
いうなれば、

  • DHAは、考える・覚える力の維持や健康維持に重要な働きをする。
  • EPAは、血管の健康維持に働く。

といったところでしょうか。

豆知識

特に意識して摂りたいのはEPAです。
DHAは、EPAよりも血液中の濃度が安定しており、増減は起こりにくいといわれています。また、体内でEPAからDHAに変化する場合があるのでDHAが足りなくなることはあまりなく、体内で不足しがちなのは主にEPAです。

 

サプリメントなどで摂取する場合は、EPAが必要量配合されているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 

 

 


【監修者】合田 学

サプリメント管理士。約20年間の食品業界経験を活かし、正しい食生活やサプリメントを活用した健康維持のための生活習慣を提案する活動を行っている。

最新情報をチェックしよう!