膝痛対策は今から

「膝の痛み」
高齢になるほど、悩む人が増える膝の痛み、その原因の多くは、膝軟骨のすり減りによるものです。
膝は、普通に歩いているだけでも体重の2~3倍の負荷がかかります。
階段ではさらに高い負荷がかかります。
そして、体重が重い人の方がより負荷がかかり、膝痛の症状も強くなる傾向にあります。
日本で2500万人の患者さんがいると推計され、男性に比べ女性に多くみられます。

最新治療方法は

現在、最も進んでいるのが富士フィルムグループジャパンと広島大学の技術力で開発をしている、自家培養軟骨をつくる技術です。

最新の栄養素は

アメリカが本気になって開発した最新素材の「UC-2」です。
アメリカの最先端の技術を持つインターヘルス社と、ハーバード大学医学部によって研究開発された特許素材です。
関節軟骨へのアプローチを目的の一つとする新素材の成分です。
最大の特徴は体内にある成分と同じ構造で、ほとんどそのまま吸収されることです。
グルコサミンやコンドロイチンは、そのほとんどが体内でアミノ酸に分解されるなか、「UC-2」は分解されません。

アル
UC-2を使用したサプリメントはこちら
Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

人間の体内にあるコラーゲンの中でも、肘や膝などの関節軟骨の主成分である非変性Ⅱ型コラーゲン。このコラーゲンが不足すると軟…

 

膝の痛みのトップは変形性膝関節症

軟骨はほとんどが水分でできていて、骨とは全く違うものです。
軟骨は関節の骨の表面を覆い、しっとりとなめらかで弾力があります。
関節が傷つかずにスムーズに動くよう補助しています。
厚みは5-7㎜あり、クッション性と対摩耗性に優れています。
軟骨細胞は自己増殖能力と血流が非常に不足していて、ほとんど再生しません。
一度すり減ってしまった軟骨は、再生することはありません。

変形性膝関節症の進行度

軟骨には神経細胞がなく、擦り減っただけでは痛みを感じることはありませんが、その軟骨が大きく擦り減ると、骨の神経が刺激されて痛みを感じるようになります。

症状の進行度

  • 第一段階:関節の軟骨が少しずつ傷つき始めます。小さい骨棘(こつきょく)というトゲがあらわれます。
  • 第二段階:関節の軟骨の弾力がなくなります。負担が一か所に集中したり、関節の間隔が狭くなります。
  • 第三段階:関節の隙間がさらにせまくなり、骨棘(こつきょく)がさらにあらわれ日常生活に支障をきたします。
  • 第四段階:関節の隙間は無くなり、骨同士がぶつかり強い痛みを感じ、末期になると膝関節が変形してO脚になり、歩くことが困難になります

骨棘(こつきょく)とは、骨同士が直接ぶつかることで骨がかけたり、骨が硬くなったり異常が起こります。
この異常を修復させるためにトゲ状の骨ができることをいいます。

変形性膝関節症の予防

重症化を防ぐには普段からの「筋力訓練」が大事になります。
最新の研究では、筋力の弱い人の方が変形性膝関節症になりやすいことがわかっています。
加齢や体重増の他にも、筋力の低下が発症に関係しているという報告もあります。

筋肉を強化して、膝の負担を軽減させる

膝周りの筋肉、脚の筋肉を鍛えます。
これらの筋肉は関節を動かしたり、安定させたりする働きをしています。
筋力が低下すると膝関節は荷重を受けやすくなるので、今から筋力訓練を行いましょう。

おすすめしているのはスクワットです。大腿四頭筋だけではなく、下肢全体の筋力の効果的なトレーニングになります。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

充実した毎日をサポートしてくれるサプリメントをつくりたい。それが私たちの目標です。…

 

最新情報をチェックしよう!