タバコの害を減らす成分とは?【喫煙者必見】

国内での喫煙者は減少傾向にありますが、若年女性層は増加しています。厚生労働省の「2018年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の平均喫煙率は27.8%、ピーク時だった昭和41年の 83.7%と比較すると、だいぶ減少したことになります。

しかし、諸外国と比べると、未だ高い状況にあり、約1400万人が喫煙していると推定されます。これに対し、成人女性の平均喫煙率は8.7%であり、ピーク時に比べてもほぼ横ばいといった状況です。

タバコと病気の関連

喫煙が健康にとって害になるというのは,いまや周知の事実です。喫煙と関係がある病気というと肺がんですが、それはほんの一部で、呼吸器疾患、循環器疾患、消化器疾患に深く関わります。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、歯周病やさまざまなガンなどきりがありません。

たばこの煙による健康への悪影響は喫煙者本人にとどまりません。吸わない周りの人にも肺がんなどの健康被害を引き起こします。他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙についての健康影響は、流涙、頭痛などの症状だけでなく、肺がんや虚血性心疾患等の疾患の死亡率等が上昇します。

【喫煙者必見】サプリメントで対処する方法

サプリメントは禁煙を補助する成分ではありません。有害物質を除くことを目的としてサプリメントを利用します。

ビタミンC

タバコを吸うと、ニコチンなどの有害物質が体内に摂り込まれます。これは、体内でのビタミンCの吸収を妨げ、またビタミンCを尿中に排出させてしまいます。

そして、喫煙は多量の活性酸素を発生させ、その活性酸素と抑えるために消費されるのがビタミンCです。このように喫煙者に不足するのはビタミンCです。喫煙者は、非喫煙者の2倍のビタミンCの摂取が必要とされています。

ニコエン

ニコエンとは、韓国のバイオベンチャー企業と大学が共同で開発した成分で、体内からニコチンを排出し、ニコチンの害を減らす効果が期待されます。

日本でも複数のメーカーが商品化しています。ニコエンはリンゴ、レモン、カリン、銀杏、セロリなどの果物や野菜、緑茶、クコ、キキョウ、甘草、桑の葉、陳皮など11種類の植物などから抽出された成分を配合したものです。

その作用は、体内のニコチンを排泄促進、悪性物質の生成抑制、抗酸化作用です。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!