熱中症対策いろいろ|症状や応急処置も【油断は禁物】

これから夏本番!ニュースなどでも耳にすることが多くなる「熱中症」、近年益々大きく増加しています。さらにマスクをして外出するなど、重い熱中症にかかる人が増加するといわれています。

今回は、過酷な環境にいることで体温調節機能が狂ったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる症状を解説します。

熱中症の症状とは

症状が現れたら一刻も早い休憩と水分補給が必要です。

とくに、高齢者や乳幼児、運動習慣がない人、太っている人、体調がよくない人、暑さに慣れていない人などは注意が必要です。

初期症状

手足のしびれ・めまい・顔のほてり ・立ちくらみ、呼吸や脈が速くなる、くちびるのしびれ

重度の熱中症

筋肉痛・筋肉のけいれん・倦怠感・吐き気・頭痛・汗のかき方が異常、体温の上昇、皮膚が赤くなりカサカサになる。

さらに症状が進むと、呼びかけに反応しなくなったり、まっすぐ歩けなくなったり、水分補給ができなくなります。

症状の原因

大量の汗をかくと体内の水分と塩分が不足し、足や腕、腹などの筋肉に痛みやけいれんが起こることがあります。
また、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れることにより、体温調節機能も乱れ 、高熱、意識障害、けいれんなどの原因になり、さらに脳内の温度が上昇することで中枢神経に異常が起こります。

そして、水分が失われると血液濃度も高くなり、血液がドロドロ状態になってしまいます。これにより血流が悪くなり全身の血流が減ってしまいます。

体調不良だけでなく、臓器の血液が減ると臓器不全、脳梗塞や心筋梗塞などを誘発する可能性もあります。

熱中症対策いろいろ

□のどの渇きはすでに「脱水」が始まっている証拠
喉の渇きを感じてから飲むのではなく、「渇く前に飲む」を徹底し、脱水症に注意しましょう。
おすすめは麦茶です。利尿作用のあるカフェインが含まれてなく、ミネラルも補給できます。

□汗で拭くが濡れたら着替える
服が濡れたままの状態は、体の熱が逃げずにこもってしまいます。

□尿の色でセルフチェック
尿の色は、水分が十分足りている時は透明に近く、水分量が減ると、どんどん濃い色になっていきます。

□日傘の活用
直射日光を避ける事で、体温上昇を防げます。

□ビタミンB群・クエン酸・ブドウ糖・
疲労回復、夏バテ予防にオススメです。

熱中症患者の4割は、室内で発症しています。室内・寝室を快適にして熱中症を防ぎましょう。

□エアコンの効いた室内も脱水に注意
私たちの身体は、1日に皮膚から600cc、呼気から300ccの水分を失っています。エアコンは、室温と湿度も下がるため、体内の水分を失います。
脱水に注意しながら寝る前に部屋を冷やしましょう。

□扇風機を有効活用
扇風機で風を循環させ、エアコンの冷気を部屋全体へ送りましょう。風を直接身体に当てると冷えすぎや乾燥を招くので避けましょう。

□直射日光を部屋に入れないように
直射日光は窓付近の床に熱が溜まり、室内の温度上昇に繋がります。

熱中症の応急措置

熱中症はたいへん危険な症状です。
現場では速やかな処置が必要です。

重要なのは、すぐに医療機関へ相談、または救急車を呼びましょう。

救急車を待っているあいだにも、現場で応急処置をすることで症状の悪化を防ぐことができます。

涼しい場所へ移動させる

熱中症が疑われる時には、クーラーが効いた室内や涼しい場所へ移動しましょう。
近くにそのような場所がない場合には、風通しのよい日陰やへ移動させましょう。

身体を冷却する

衣服をゆるめて、体の熱を放出しましょう。

きついベルトやネクタイ、下着をゆるめます。皮膚に冷水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。

皮膚のすぐ近くにある太い血管を冷やしましょう。
氷枕や保冷剤で両側の首筋、脇の下、大腿の付け根などを冷やします。

水分・電解質の補給

水分摂取は、本人が自力で摂取できる場合に限ります。呼び掛の反応がおかしい時や意識障害がある時は、飲ませた水分が誤って気道に流れ込む可能性があるため、無理に飲ませることは避けて下さい。吐き気も、口からの水分摂取は適切ではないため、点滴などの処置が必要となります。

意識がはっきりしている場合、電解質を適量含んだ冷えた飲料(経口補水液やスポーツドリンクなど)を自分で飲ませて下さい。
水分と塩分を同時に補給できるのが望ましいです。

編集長の独り言

アクエリアス、ポカリスエット、アミノバリュー、ヴァーム、グリーンダ・カ・ラ、ビタミンウォーター
数あるスポーツドリンクの中で、どれが好きですか?
私はポカリかな…一色紗英のCM素敵でしたヨネ

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!