夏バテ解消の定番『レバー』の栄養や健康効果を解説!食べ過ぎには注意?

レバーは、高たんぱくで低脂質、ミネラルが豊富で、ビタミンも豊富に含まれています。必須アミノ酸もバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれています。

栄養価は豚、鶏、牛で、そう多くの違いはありません。レバーの特徴は、体内吸収率の高い動物性ヘム鉄が豊富なことによる「即効性」にあります。

レバーの栄養素・健康効果

ビタミンA、B2の含有量が高く、レバー50gで、成人が1日に必要とする量をまかなうことができます。

ビタミンA(レチノール)

脂溶性ビタミンのビタミンAは、抗酸化作用に優れ、粘膜の新陳代謝を促し、免疫力を高め、眼病予防の働きがあります。
ビタミンAの一種「レチノール」は、エイジングケアの代表成分です。

レチノールには、肌の角質層のヒアルロン酸を増やす効果があり、皮脂分泌を整え美肌・美白効果や老化防止など肌を潤った状態にしてくれます。

ビタミンB2

ビタミンB2は三大栄養素(脂質・糖質・タンパク質)をエネルギーに変える代謝を助ける働きがあります。特に脂質をエネルギーに変えます。また、成長促進にも欠かせないため、「発育ビタミン」ともよばれます。

皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生や、老化の一要因とされる過酸化脂質を分解する働きがあります。目や口、消化器系など体内の粘膜を正常な状態に保つ働きや、視力を増進させ目の疲労を軽減します。

ビタミンB2は美肌効果も期待でき、女性にとってうれしい成分です。

ヘム鉄

鉄には、動物性食品由来のヘム鉄と、植物性食品由来の非ヘム鉄があります。レバーには、体内に吸収されやすいヘム鉄が豊富です。

ヘム鉄は、鉄のまわりにたんぱく質が付いたもので、非ヘム鉄より吸収率が高くなります。鉄分は、赤血球中に存在して酸素を運びます。鉄分は貧血防止に必要な重要な成分です。

注意事項:
鉄不足は、世界的にも多くみられる栄養欠乏症であり、不足すると貧血や運動機能の低下、免疫機能の低下などが起きます。特に月経のある女性に鉄不足は起きやすいので注意が必要です。

その他の栄養成分

ビタミンB1、葉酸、ビオチン、銅など数種類あります。

ニラレバで夏バテ解消

ニラレバは疲労回復のためには絶好の料理です。レバーに豚を使用した場合は、鉄分の量が多く含まれます。
そして、レバーのビタミンB1を、ニラに含まれているアリシンが吸収を高めてくれます。

その他ニラには、食物繊維やカリウム、ビタミンEなどが含まれており、それにレバーのビタミンAやビタミンC、ミネラル、葉酸が加わりまさにスタミナ料理の代表といったところです。

食べすぎ注意!適切な量が健康を維持します

食べ過ぎによって思わぬ健康への悪影響が生じることがあります。

ビタミンAは脂溶性ビタミンです。脂質とともに脂肪組織に吸収・肝臓で貯蔵され、過剰に摂取した場合、体外に排出されず体内に留まってしまいます。

長期にわたり過剰摂取を続けると、脱毛や手足の痛み、めまいや発疹など様々な不調が現れます。レバーには、痛風の原因となるプリン体が多く含まれています。

プリン体が体内に吸収・分解され、その老廃物が尿酸となります。この老廃物の尿酸が、スムーズに排出されなかった場合には関節などに溜まり蓄積されます。これが結晶となって突き刺さり、痛みを感じます。

痛風を発症している人や、尿酸値の高い人はレバーを避けた方がよいでしょう。また、鉄分などのミネラルが豊富なので、特に妊娠中の方は要注意なので、摂取目安を覚えておきましょう。

編集長の独り言

レバニラ?ニラレバ?

約7割の人がレバニラと呼ぶそうです。

私は、ニラレバって言ってますね。

食べ物を取り上げた記事を振り返ると、全て私の好物ばかりでした…

亀戸天神近くの「菜苑」さん。純レバ最高です。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!