『鶏肉』で夏バテ解消|部位別に栄養を解説!焼鳥は身も心も豊かにしてくれます!

手ごろな価格で使い勝手が良く、しかも低カロリー高タンパクな「鶏肉」。鶏肉は、焼いても炒めても煮込んでも良しと、幅広いジャンルで活躍してくれます。

鶏肉の栄養成分は、良質なタンパク質のイメージが強いかもしれませんが、実はそのほかにもさまざまな栄養成分が豊富に含まれています。

鶏肉は、皮以外は高タンパク低脂肪です。主な栄養素のビタミン類は、ビタミンA、ビタミンB群(B2、B6、パントテン酸、ナイアシン)を含み、消化が良く高齢者や幼児にも最適な食べ物です。

鶏肉の部位の代表的な栄養成分

ささみやもも肉、皮、手羽先、砂肝などさまざまな部位の栄養は、ビタミンA、ビタミンB群を含んでいます。
今回は栄養面で特徴がある部位を解説します。

せせり

せせりは、鶏の首の部分の肉です。鶏肉の中でも濃厚な味わいで、噛みごたえがあり、締まりのよい食感が特徴的です。
栄養成分は、ビタミンB2、ナイアシンが含まれます。

ナイアシンは細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助します。

むね肉

胸の部分の肉です。淡白で柔らかい肉質で、くせが少なく使いやすいのが特徴です。栄養成分は、ナイアシン・ビタミンB6・パントテン酸・リン・カリウムなどが含まれます。

イミダゾールジペプチドは注目の成分です。優れた抗酸化作用があるため、活性酸素による酸化ストレスによる疲労を軽減する効果があります。パントテン酸はビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。

ささみ

ささみはむね肉の一部で、胸部の奥にある肋骨周辺にあります。ささみは、脂がほとんどなく淡白な味わいで、柔らかく優しい風味があるのが特徴です。

栄養成分は、ビタミンB6、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などが含まれます。ビタミンKは、血液凝固に関与するものです。

手羽元・手羽先

手羽元・手羽中・手羽先は翼の部分の肉です。手羽元は、翼の根本部分で、太い骨とよく脂身が少ない肉質が特徴です。
手羽先は、手羽元を除いた先の部分が手羽先です。細い骨と厚い皮があり、肉は少なめです。

手羽元は、煮ても焼いても揚げても美味しいです。手羽元の代表的な料理は、ローストチキン、唐揚げ、甘辛煮などがあります。

手羽先は、揚げが有名で、甘辛いたれをからめたりコショウを利かせたり、ビールのおともにぴったりです。
栄養成分は、ビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンK、コラーゲンなどが含まれます。

 

もも

脚の根元の部分の肉です。筋肉が多いためやや堅くかみごたえがあり、脂がのりこってりとした味わいで、鶏肉特有のおいしさが味わえます。

栄養成分は、ビタミンB6、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸などが含まれます。

鶏肉の皮の部分のことです。鶏肉の中でも栄養成分が豊富な部位で、脂もぎゅっと詰まっていて、独特の食感がクセになります。

栄養成分は、コラーゲンが多量に含まれています。また、ナイアシン、不飽和脂肪酸が含まれます。

 

その他の主な部位の栄養

ハツ

心臓の部分です。プリプリとした食感で、焼鳥や炒め物など幅広く使われています。
栄養成分は、脂質が多く、銅、鉄、亜鉛、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸などが含まれます。

レバー

肝臓の部位です。牛肉や豚肉のレバーと比べると、カロリーが低いのが特徴です。
栄養成分は、鉄分、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンAが含まれます。

砂肝

胃の一部の筋肉で、消化器官(筋胃)の部分です。クセがなく、コリコリとした歯ごたえの良い食感が特徴です。
栄養成分は、鉄分、亜鉛、ビタミンB12、ビタミンKなどが含まれます。

ぼんじり

しっぽの部分で尾骨の周りの肉です。1羽からほんのわずかしか取れない希少な部位で、脂が乗り、プリプリとした食感が特徴です。
栄養成分はコラーゲン、ビタミンKなどが含まれます。

 

焼鳥は、全身の部位を食べることができ、夏バテ防止や疲労回復に最適

焼鳥は、さまざまな部位から多種の栄養成分を摂ることができます。その良質なタンパク質と豊富な栄養成分は、夏バテ予防、疲労回復、内臓機能向上など効果もあり、また消化吸収もいいことから、健康維持にピッタリの食材なんです。

編集長の独り言

焼鳥は大好物です!焼鳥はシンプルさと奥深さを両方兼ね備えてますよね。
大好きなお店は、銀座「鳥繁」さん。お料理&お酒は最高です!
ホント美味しい!!

アル
ワタシの大好きな銀座鳥繁さんはこちらです!

 

銀座鳥繁

昭和6年、割烹の板前であった初代が旧交詢社ビル横に屋台を出したのが銀座鳥繁の始まりです。「一切の手抜きをしない」先代の教…

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味のある方はぜひこちらのJapan Supplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!