『モロヘイヤ』で夏バテ解消|栄養がたっぷりの野菜で免疫力もアップ!効果的な調理法も

エジプトで、5000年以上前から食べられてきたモロヘイヤ。モロヘイヤは、非常に高い栄養価が注目されている食材で、ネバネバ野菜の代表格として有名です。今回は、健康維持や美容に絶大な効果が期待できるモロヘイヤを解説いたします。

モロヘイヤのビタミン・ミネラルで免疫力アップ

β-カロテン、ビタミンC、E、カルシウム、ビタミンK、鉄、葉酸、食物繊維など免疫強化に関するビタミン、ミネラルを豊富に含みます。

小腸でビタミンAに変換される「β-カロテン」の含有量は野菜の中でもトップクラスです。現代人に不足しがちな栄養素「鉄分・ビタミンA・ヨウ素」を豊富に含んでいます。

独特のぬめり成分「ムチン」は、胃の粘膜を保護しタンパク質の消化を助ける

モロヘイヤやオクラ、長芋、納豆などのネバネバの成分は、ペクチン(食物繊維)とムチン(糖タンパク質)です。ペクチンは腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善したり、コレステロールをコントロールしたりします。

ムチンは胃の粘膜を保護し、たんぱく質の分解を促進する酵素を含みます。

夏バテ防止や疲労回復に効果的

モロヘイヤは、代謝をサポートするビタミンB1ビタミンB2を含んでいます。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えたり、神経系に良い影響をもたらし、疲労やストレスからの回復や集中力の向上に効果があります。
ビタミンB2は三大栄養素(脂質・糖質・タンパク質)をエネルギーに変える代謝を助ける働きがあります。特に脂質をエネルギーに変えます。また、成長促進にも欠かせないため、「発育ビタミン」ともよばれます。

ぬめり成分のムチンは、胃の粘膜を保護しタンパク質の消化を助け、ビタミンB1、B2で糖質、脂質をエネルギーに変える、これらの栄養成分の効果で、消化・吸収・エネルギー生産がスムーズに行われるため、食欲不振や疲労回復に役立ちます。

美容効果、アンチエイジングにも

モロヘイヤには、抗酸化作用の高いβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンEがすべて豊富に含まれています。βカロテンは、血液の循環をよくして肌を活性化させてくれます。

また、β-カロテンやビタミンEには体内の活性酸素を除去し、血管を若々しく保つのに役立ちます。ポリフェノールの一種、ケルセチンも含まれていて、ビタミンC、Eとともに強い抗酸化作用を持ちます。紫外線ダメージからお肌を守り、シミやシワを防ぎ、細胞や血管の老化を防いでくれます。

カルシウム・食物繊維も豊富

モロヘイヤにはカルシウムも豊富に含まれます。ビタミンDと一緒に摂ることでカルシウムの吸収率が高まります。ビタミンDを含むキノコ類と相性抜群です。
モロヘイヤのネバネバ成分は良質な水溶性の食物繊維です。腸内環境を整えてくれます。むくみ予防に欠かせないカリウムも豊富に含まれています。

モロヘイヤの栄養を効率よく摂るには、サッと茹でて刻む

ネバネバの成分のムチンを効果的に摂るためには、細かく刻んで調理するようにしましょう。刻むことで細胞壁が壊れ、栄養成分がしっかり出てきます。

β-カロテンをしっかり摂りたい場合は、油と一緒に調理すると吸収率が高まります。モロヘイヤを選ぶ際は、鮮やかな緑色で葉が鮮やかでみずみずしいハリがあるものを選びましょう。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!