オメガ3の効果とサプリメントから摂るべき理由!注目の新型オメガ3についても

あなたにとって本当に必要な栄養素を選び、サプリメントで効率よく栄養改善をしましょう。今回はオメガ3について解説します。オメガ3に関する基礎知識から、期待できる効果、サプリから摂るべき理由を紹介し、近年注目されている新型オメガ3についても触れていきます。

オメガ3とは

オメガ3のオメガとは、脂肪酸の種類を示す言葉です。脂肪酸とは簡単に言うと脂肪に含まれている成分の一つで、体内で分解されエネルギーとして使用されます。これは人が生きていくために必要な栄養素です。油を構成する脂肪酸は、構造によって不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸は溶けにくく、常温では固体として存在します。身近な食品ではラードなどのお肉の脂身やバターに多く動物性の油に含まれ、メタボリックシンドロームで注目されました。増加するとさまざまな疾病の原因となる、コレステロールや中性脂肪を増やすとされています。

不飽和脂肪酸は常温では液体であることが多く、魚の油や菜種油などの植物油に多く含まれています。中性脂肪の低下や、悪玉コレステロールの減少といった効能を持っています。オメガ3の脂肪酸は不飽和脂肪酸で、代表的なオメガ3の脂肪酸は、α-リノレン酸DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などがあります。

α-リノレン酸は植物性オメガ3で、DHAやEPAは青魚に多く含まれている動物性オメガ3です。オメガ3の含有量が多い油としては、えごま油、亜麻仁油、なたね油、大豆油、クリルオイル、チアシードオイルなどが挙げられます。食品では、えごま、くるみ、麻の実、くじら、あんこう、さば、いわし、さんま、オキアミなどです。オメガ3は健康効果が高く特に摂取してほしい栄養素です。

植物性オメガ3に含まれるα-リノレン酸は体内でEPA、DHAに変換され、魚を食べた時と同じ効果が期待できます。体内で代謝されていくため品質の良い状態で摂取できます。違いはEPA、DHAを直接摂取するか、α-リノレン酸という形で取り入れるかの違いです。魚が苦手な人でも亜麻仁油やえごま油などの植物油でオメガ3を手軽に摂取できます。厚生労働省より1日1,000mg以上の摂取を推奨されています。

オメガ3の効果

生活習慣の改善を補助とか血液サラサラといったキャッチコピーを、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。オメガ3系脂肪酸には、次のような効果が期待できると言われています。

  • 血中の中性脂肪を下げる
  • 血栓の予防、血液流動性改善
  • 糖尿病の予防効果
  • 乳がんや大腸がんなどの予防効果
  • 認知症やうつ病の予防効果
  • 記憶や学習能力の向上
  • アレルギー抑制効果、抗炎症作用

オメガ3系脂肪酸には、冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病、乳がん、大腸がん、肝がん、加齢黄斑変性症、あるタイプの認知障害やうつ病に対しても予防効果を示す可能性があり、日本人で有効性を示す報告も数多くあるとされています。しかし、明らかな予防効果は認められていないとして、目標量は設定されていません。

上記以外に最近ではその美容効果が注目されています。良質な油は代謝を促し、体脂肪が落ちやすくなるというものがあります。これは筋肉を増やす補助的な役割と、体温、代謝の上昇も補助してくれるところからきています。オメガ3系脂肪酸を摂取して運動をすると、脂肪燃焼を早めるという結果が出ているそうです。

美肌効果、肌質改善作用でもオメガ3は女性ホルモンのバランスを整えます。女性ホルモンのバランスが整うと自律神経も整い、美肌に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発化されるため皮膚のシワやたるみの原因である「細胞の老化」を未然に防ぎ、美肌を保つことができるといわれています。また抗ストレスにも注目されています。強いストレスを受けても、オメガ3脂肪酸の濃度が高いと交感神経の昂ぶりを抑制することがわかりました。

オメガ3をサプリメントから摂るべき理由

オメガ3の脂肪酸は、体内でつくることができないため、食品から摂る必要があります。しかしオメガ3の脂肪酸は、熱に弱く酸化しやすい特徴があります。酸化した油は体を錆びつかせてしまいます。また加熱すると効果が無くなります。植物油などはドレッシングのように火を使わない料理に向いています。

最近はそのまま飲んでいる方もいるようです。良い油ですが、油ですので摂りすぎには注意が必要で、過剰摂取はよくありません。このことを考えるとサプリメントによる摂取が、酸化からガードしてくれて効率よいといえるでしょう。

摂取量

厚生労働省より1日1,000mg以上の摂取を推奨されていますが、性別、年齢別で目安量が変わります。男性は18~29歳で2,100㎎、30~49歳は2,200㎎、50~69歳は2,400㎎、70歳以上は2,200㎎。女性では18~29歳で1,800㎎、30~49歳は1,800㎎、50~69歳は2,100㎎、70歳以上は1,800㎎です。

食品の目安は生のぶり100ℊで2,640㎎、さんま蒲焼き缶詰100ℊで1,900㎎、イクラ100ℊで3,600㎎です。EPA、DHAは酸化しやすいので、刺身などの生食がお勧めです。また、サバやサンマなどの缶詰なら手軽で簡単でしょう。

新型オメガ3(おすすめのオメガ3)

近年、オキアミ由来の新型オメガ3のクリルオイルが注目されています。オキアミには、平均5%程度の脂質が含まれています。これをクリルオイルと呼んでいます。この有効性はオキアミ漁業が本格的に始まった1970年代当初より注目されていました。

その後90年代で抽出技術や加工技術が確立され販売が本格的にスタートしました。クリルオイルの特徴は次のことが挙げられます。①良質なオメガ3を含有、②体内に吸収されやすい、③オメガ3と結合しているもう一つの脂肪酸(リン脂質)の相乗効果、④クリルオイルのオメガ3は変性しにくい。

これは魚油よりも高い健康効果が期待されます。魚油とクリルオイルの違いは吸収力です。魚油のEPA、DHAはトリグリセリド結合型オメガ3といい、トリグリセリドとは中性脂肪のことです。消化管の中で胆汁やリパーゼ(脂肪分解酵素)の働きによって、トリグリセリドとEPA、DHAがそれぞれいったん分解され吸収されることになります。

一方、クリルオイルはリン脂質結合型オメガ3で、リン脂質自体が乳化剤として体内への吸収を促すため、EPA、DHAは効率よく体内に吸収されます。リン脂質はレシチンとも呼ばれて、その健康効果は動脈硬化、脂肪肝、高脂血症、目の病気予防や認知症、ストレスにも有効とされています。

そしてクリルオイルにはオメガ3の酸化を防ぐ成分であるアスタキサンチンも含まれています。アスタキサンチンは抗酸化作用を持ちます。アスタキサンチンが一緒に含まれることにより、EPA、DHAの酸化が抑えられ、EPA、DHAの効果を向上させることができます。

そしてこのアスタキサンチンは、ニンジンに豊富なベータカロテンと同じカロテノイドの一種で、体の老化を促す活性酸素を消去する働きをします。魚油との比較調査を人を対象とした研究で明らかになりました。総コレステロール、悪玉のⅬⅮⅬコレステロール、中性脂肪がいずれも下がり、善玉コレステロールのHⅮⅬコレステロールは上昇しました。

また日本水産の研究所が動物実験を行った結果、肝機能を改善する効果があることがわかりました。肝臓に対するクリルオイルの効果は、オメガ3とリン脂質の相乗効果と考えられます。クリルオイルには血液脳関門を通過する成分が3つも含まれています。

DHA、リン脂質、アスタキサンチンです。このDHA+リン脂質が脳の老化防止や認知症対策、記憶・学習能力の向上に役に立つことが多くの研究で明らかにされています。心筋梗塞の予防にも最適です。オメガ3は血液をサラサラにする働きの抗血小板凝集作用や、血管を柔軟に保つ作用、高血圧を防ぎ、血中脂質を改善する作用などもあります。海外の臨床試験では、関節リュウマチなどの炎症性疾患に対しても効果的に働くと報告されています。

関連記事

クリルオイルとは、オキアミから抽出した新型オメガ3(DHA・EPA)で、アスタキサンチンを含んだリン脂質結合型オイルです。フィッシュオイル(魚油)はオメガ3系の脂肪酸が豊富に含まれている不飽和脂肪酸です。 オメガ3サプリメントの需要は[…]

 

おススメのクリルオイルサプリメントはこちら

クリルオイル オメガ3 DHA EPA アスタキサンチン含有 KRILL OIL Omega3 60粒がマルチ脂肪酸スト…

オキアミについて

南極オキアミは南極の水中に巨大な群れを成して浮遊しています。オメガ3脂肪酸を生成する微細海藻類をエサにしています。これを主食とすることで、その体内に脂肪酸が豊富に蓄積され、それを抽出したものがオキアミ油となります。オメガ3の元となる藻は抗酸化物質のアスタキサンチンの源です。

南極オキアミは南極周辺の自然な海洋のみに生息していて、食物連鎖の底辺にいちしているため、海洋生物に見られるような汚染物質の蓄積もありません。地球上で最もきれいな水質で育った南極オキアミです。

関連記事

オキアミの体型はエビ類にそっくりですが、エビの仲間ではありません。プランクトンで、体長3~6cmとプランクトンとしてはかなり大きく、 甲殻類,軟甲亜綱,オキアミ目オキアミ科に 属する一群です。 一般的に日本で流通しているのは三陸沖など[…]

良質な原料を取り扱うオキアミ漁業会社の紹介

現在、南極オキアミを原料としたクリルオイルが広く流通しています。このトップ企業は、ノルウェーの海洋バイオテクノロジー企業「Aker BioMarine社」です。同社は数多くの臨床検査に資金を提供し、健康効果を実証する研究に対して、積極的に投資をしています。この臨床検査により立証された優れた生物学的効果が研究機関より発表され、最高値の栄養成分の裏付けるものとなりました。

特に世界で最もきれいな海で獲った南極オキアミは、最良のオメガ3脂肪酸のEPA、DHAを豊富に含んでいて、また天然抗酸化物質であるアスタキサンチンも豊富に含んでいます。このクリルオイルは魚油に比べて生物学的効率が優れています。それはこのオメガ3は生命に欠かすことのできないリン脂質のリン脂質結合型で、他のオメガ3に比べ、体内でより効率よく作用し、細胞の構造や機能を支える役割を果たすからです。

そして重要なのは水溶性ということです。水溶性は胃にやさしくて、体内への吸収効率が高いからです。また、飲みやすい小さいカプセルで製造できるので、体内で消化されやすく作用しやすいという特徴があります。Aker BioMarine社が事業化しているオキアミ油をスパーバクリルオイルと言います。この原料は天然の水産物のみが対象のMSC認証を取得しています。

MSC(海洋管理協議会)とは責任ある漁業を推奨する国際的な非営利団体です。この基準は世界最高水準です。漁獲方法が特許技術で、オキアミを海面下の水中網で捕獲し、その後船上にゆっくりと吸い上げるまで海中に留めておく事ができます。また誤って他の魚や、海洋哺乳類などが誤って混獲することがないように、トロール網の効果的なモジュール技術が採用されています。

そして特注の大型船で、オキアミが船上に揚げられると同時に、船内で設けられた加工場で粉末加工されます。漁獲から加工までを自社で一貫して行っています。直結統合型による100%のトレーサビリティを実現しています。

まとめ

いかがでしたか?
オメガ3といっても、テレビでよく取り上げられているのはフィッシュオイルですよね。フィッシュオイルもクリルオイルもどちらもオメガ3を含んでいますので、生活スタイルによってどちらを選んでもいいと思います。ただ、見た目に変化の出にくいベーシックサプリメントだからこそ、テレビ等の大げさな広告に惑わされることなく、自分の体にとって必要な成分はどのようなものなのかをよく見極めたいですよね。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのJapanSupplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

 

 

参考資料

・n-3系多価不飽和脂肪酸結合脂質の構造と機能
(一般財団法人 食品分析開発センター SUNATEC 発行 北海道大学院水産科学研究院 準教授 細川雅史 著)

・南極オキアミについての学術論文
(AkerBioMarine社サイトより)

最新情報をチェックしよう!