『豚肉』で夏バテ解消|栄養満点の豚肉料理で予防&対策!効果的な組み合わせ食材も

夏バテ対策に力を発揮するのが、ビタミンB1です。炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変え、疲労を回復させてくれる働きがあります。

またイライラを抑え、精神安定にも作用します。しかし、ビタミンB1は、汗や尿から排出されてしまい、夏は暑さでさらに消費されてしまいます。

ビタミンB1が不足すると、エネルギー変換がうまくいかなく、食欲が低下したり疲労が溜まりやすくなったり、夏バテの症状が出てきます。

豚肉のビタミンB1

豚肉のビタミンB1は牛肉の約10倍で、その量は非常に多く、また良質なタンパク質も豊富です。レバーにはナイアシン(ビタミンB3)が多く含まれています。

ナイアシンは全身で500種もの酵素の補酵素として働き、体内でのエネルギー生産や脂質や糖質の分解に役立ちます。

良質なタンパク質も豚肉は豊富

体に入ったタンパク質は20種類のアミノ酸に分解されます。そのうち体内で合成できないアミノ酸9種類を「必須アミノ酸」と呼びます。

豚肉は、このアミノ酸の含有バランスがとても良いのです。このアミノ酸のバランスを評価したものが「アミノ酸スコア」といい、豚肉は最高値100なんです。

その他の成分と働きは

豚肉には、不飽和脂肪酸のオレイン酸と飽和脂肪酸のステアリン酸が含まれています。オレイン酸は、酸化されにくく、肝臓のコレステロールを処理する働きを助け、悪玉コレステロールだけを減らす効果があります。ステアリン酸は、そのオレイン酸の働きを助けます。

夏バテに効果的な豚肉との組み合わせ食材

「豚」×「にんにくorニラor玉ねぎ
これらの野菜に含まれるアリシンで、ビタミンB1の吸収率がアップします。

「豚」×「ゴーヤ

ゴーヤーが含んでいるビタミンCの量は非常に多く、炒めても壊れにくい性質です。
ゴーヤの苦味成分は、胃腸を保護し食欲を増進させます。

「豚」×「梅干し

豚肉と梅干しのクエン酸の組み合わせは疲労回復に最適です。
豚ばらとネギのとほぐした梅干しを炒めます。
ビタミンB1とアリシン、クエン酸が豊富な食材を組合わせれば最強メニューです。

 

編集長の独り言

中華屋さんに行くと必ず「肉野菜炒め」とビールを注文します。

豚×にんにく×ニラ×たまねぎ

 

最強ですね!

 

ビールは余計かな?

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!