『ぬか漬け』にすると野菜の栄養がアップ!?きゅうりの栄養成分やぬか床作りの基本も

栄養成分が少ないといわれている「きゅうり」もぬか漬けにすれば、栄養価が驚異的にアップするのをご存知でしょうか。
今回はぬか漬けきゅうりについて解説します。
きゅうりは全体の95%を水分が占めていますが、カリウム、ビタミンC、E、Kといった栄養成分も含んでいます。
このきゅうりをぬか漬けにすることにより、栄養価が激増します。

きゅうりのぬか漬けは、美味しいだけではなく栄養面でも優れています。

きゅうりは、ビタミンB1は8~9倍、ビタミンCは1.5倍、カリウムとビタミンKは3倍にアップします。

ぬか漬けにすることで、ぬかの栄養成分が吸収され、栄養成分が増えるからです。

*漬け時間により増える量は異なります。

きゅうりは、むくみの解消に役立つカリウムが豊富です。また、体内の余分な塩分を排出するデックス野菜ともいわれています。

アミノ酸であるシトルリンも含まれています。シトルリンは、血管を広げ血流改善に関与し、血管を丈夫にします。

ぬかの乳酸菌も一緒に摂ることができるので、腸内環境も整えられます。

ぬかに含まれる豊富な栄養成分

ぬか漬けに使われるぬかは米ぬかです。ぬか漬けは、お米を玄米から白米に精米するときに出てくる「米ぬか」を使って作られます。
その米ぬかとは、玄米から取り除いた表皮と胚芽からできています。
玄米はたいへん体に良いことから、そこから作られる米ぬかにはたくさんの栄養素が含まれています。その栄養素は、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE、ナイアシン、食物繊維、たんぱく質、カルシウム、リン、鉄分などです。
ぬかにはビタミンCは含まれていませんが、ぬか漬けにすることにより、素材が持つビタミンCが増えます。
植物性の乳酸菌も豊富です。ぬか漬けに含まれている乳酸菌は、生きたまま腸に届いてくれます。
その他には、ビタミンB群の仲間で、抗酸化作用のフィチン酸、ポリフェノールの一種で、メラニンの生成を抑え日焼け防止や抗酸化作用のフェルラ酸、肝臓に余分な脂肪をつけない働きから、生活習慣病予防や脂肪肝予防に期待ができるイノシトール、優れた抗酸化作用と自律神経のバランスを整えるポリフェノールの一種のγ-オリザノールなどが含まれています。 

ぬか床作りの基本

ぬかに水と塩、唐辛子、昆布など出汁になるものを混ぜます。その前に、軽くぬかを炒ると、香ばしい香りやぬかの甘みが増し、美味しさが長持ちします。

炒ることで酸化しにくくなります。焦げ付かないように弱火で乾炒りします。

ぬかが冷めたら、塩水を3回ほどに分けて加え混ぜます。握るとぎゅっとまとまるようになるまでしっかりと混ぜます。

次に、捨て漬け野菜を入れます。

大根、キャベツ、人参、きゅうりなどの端材野菜やクズ野菜を捨て漬け野菜として使います。特に水分を多く含む大根やキャベツは発酵が進みやすいので特におすすめです。

中の空気を抜くように捨て、漬け野菜を押し込んで表面をならします。

フタをして冷暗所で保管します。

そして、捨て漬け野菜を取り替えながら、3日ほど毎日かき混ぜます。

これで準備完了!野菜を入れてぬか漬けスタートです。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!