毛細血管の劣化は老化につながる?血管に良い食材や運動を紹介

毛細血管のケアは老化防止の新常識!

毛細血管は全身に網の目状に分布しています。全身の細胞の隅々まで栄養分や酸素を運び、老廃物を回収する機能を持つ重要な存在です。

体の不調は毛細血管力の低下が原因だともいわれるほど、重要な役割を持っています。

いつまでも若く、そして健康でいるには

「毛細血管ケア」は 、毛細血管を若い状態でキープすることで老化や病を防ぎます。若さと健康の秘訣は「毛細血管」を若い状態に保つことです。

肌など体中の細胞へ酸素&栄養へ届ける毛細血管。今回は、その毛細血管力をアップさせる食材や体操などをご紹介します。

老化、劣化した毛細血管を若返らせる、毛細血管を増やす注目の食材

ルイボスティー
ルイボスティーは南アフリカ原産で、 古くから先住民たちに健康茶として親しまれてきました。

シナモン(ニッキ)
漢方では桂皮という名称で、漢方薬の材料に使われています。

ヒハツ
沖縄でよく使われているコショウの一種で、ロングペッパーという名称でも知られています。これらの食材には、毛細血管にある成分の「Tie2」(タイツー)を活性化させるピペリン類という物質が含まれています。

Tie2には、毛細血管やリンパ管の壁を再生する機能があります。壁細胞を接着させて傷ついた毛細血管を修復し、血管やリンパ管も安定化させます。壁細胞が破れて血管が崩壊する毛細血管のゴースト化を防ぎます。

特におすすめがルイボスティー

ルイボスティーの有効成分

SOD様酵素
活性酸素を抑え老化防止が期待できます。

ルチン
ポリフェノールの一種で、血管強化作用や抗酸化作用があります。

マグネシウム
骨や歯の形成に必要な栄養素です。

カリウム
利尿作用によりむくみを改善します。

フラボノイド
活性酸素を抑える抗酸化作用のフラボノイドが豊富に含まれています。花粉症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーに効くとされています。

 

血管に良い食材

血管の内皮細胞を守る食材
魚や大豆製品に含まれる良質なタンパク質
マグロ、カツオ、アジ、サンマなど納豆、豆腐、豆乳、水煮大豆など

血管を傷める活性酸素を減らす食材
緑黄色野菜に含まれる抗酸化作用の「β-カロテン」
トマトやカボチャ・ピーマン・ブロッコリーなど

毛細血管に効く運動

ふくらはぎを使う運動

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、末梢の血流を改善する部位です。毛細血管には血液を押し戻す力はありません。
下半身の筋肉、とくにふくらはぎの筋肉が血液を心臓に押し戻す機能を高めます。

ふくらはぎを使う運動は血管の老化予防に効果があります。

★有効的な運動★

  • アキレス腱伸ばしのストレッチ
  • つま先立ちのかかと上げ運動
  • ウォーキングやジョギング、階段上り下り

 

アル
合わせてこちらもご覧ください

ふくらはぎは『第二の心臓』|大切な血流ポンプの衰えチェック&ケア方法

激しすぎない有酸素運動

穏やかな有酸素運動は、全身の血流を高め血管を柔らかくします。酸素を取り入れながら体を動かす有酸素運動は、血流を良くし、血管を柔らかくする効果がある一酸化窒素(NO)の放出を促します。

逆に激しい運動は、酸素を大量に取り込むため、体内で活性酸素が発生します。活性酸素は身体の細胞を酸化し. キズつけます。

アル
関連記事はこちら

 

毛細血管のゴースト化に要注意!食事&運動で若さを保とう!

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!