腰痛・ひざ痛の原因は『浮き指』の可能性も…?確認&改善方法も

浮き指で腰痛・ひざ痛を改善

浮き指とは

浮き指とは、その名の通り足の指が浮いて地面に接していないことです。直立した時に足の指に体重がかからず、浮いてしまっている状態です。

浮き指は足の指が1本以上浮いている人が多く、日本人の男性の6割、女性の8割ともいわれています。

浮き指はなぜ悪いのでしょう?

体の体重を支えているのは、足全体と足指です。足の指が地面にきちんと着いていないと、体重を支える面積が減少してしまいます。

浮き指の悪いところは、痛みが無いことです。足のバランスが悪くなり、踏ん張りがきかなくなっていることが気付きずらくなってしまいます。

足の指は体のバランスを保つのにとても重要な部位

浮き指は、足指が浮いていて地面に接していないので、指に力がかかっていない状態になります。足の指に体重がうまくのっていないと、重心が後ろにかかります。

この崩れたバランスを治そうと、無意識に上半身を前に傾けてしまい、姿勢が前のめりになりがちになります。これは猫背の原因になる可能性があります。

浮き指のまま歩いてしまうと、足指の付け根部分で歩いてしまう可能性があります。この状態は、歩行時の衝撃を足の裏全体で分散することができなく、ひざ関節への負担が増してしまいます。

また、前方に踏ん張る力も弱くなります。このような浮き指で引き起こす姿勢は、頭痛や肩こり、腰痛、ひざ痛などにつながると考えられています。

浮き指の確認方法

浮き指かどうかを正確に判断するには、足底圧計測機で調べる必要があります。現在は、スポーツショップで「足底面圧測定器」を導入しているところが増えています。

個人でもできる簡単な方法があります。足の親指を反らしてみることです。足の親指を甲に向かって、手で強く押した時90度以上反れば浮き指です。

もう一つは目安を知るための方法で、立った状態で足の指の下に紙を差し込んでもらうという方法です。

浮き指の場合は、紙が差し込むスペースができています。指に体重がきちんとかかっていれば、紙は入りません。

浮き指の原因

浮き指になる原因は靴と考えられます。サイズが小さすぎると、足を締め付けてしまうた指が浮いた状態になります。

サイズが大きすぎると、靴の中で足が滑り、つま先が靴の内側に強く押されるように圧迫されてしまい浮き指になってしまいます。また、靴ひもをきちんと締めないことも原因になります。

ハイヒールも注意が必要です。指がつまって浮き指になりやすくなるので長時間履き続けることは控えましょう。

浮き指を改善

椅子に座り、足をもう片方の足の太ももにのせます。足指を分けるように1本ずつよく開きます。この時に、手の指を1本ずつ足の指の間に入れ、手を軽く握り、甲の方へ指を軽く曲げますと効果的です。

片足10回握りを目安に1日1回行います。

注)痛みがある時は行わないでください

また、今では浮き指が軽減・予防できる専門のインソールが販売されています。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!