突然死を防ぐ心臓ケアとは?運動&食事で予防対策を!

ー突然死ー

血管がつまって鼓動が止まる心筋梗塞です。
心筋梗塞は、急に胸に激痛が起こり死を招く危険な病気です。

これらは、食事や運動など、普段の生活の仕方に気をつけることで充分に防げます。
今回は、そんな病気から大切な心臓を守るための予防策を解説します。

心臓機能を高める運動

現在、さまざまな研究が進み、心臓に酸欠などの負荷をかけると、ミトコンドリアの活性が高まることがわかりました。

運動で心臓の力を引き出すには、運動中の心拍数が1分間に110~120拍程度の運動です。体感的には「楽な運動」から「ややきつい」と感じる程度が目安になります。

健康維持には、強すぎても弱すぎても運動の効果は得られにくくなるといわれています。運動種目は、ウオーキング、ジョギング、サイクリング、水中運動などで、軽く汗ばむ程度です。週3回、1回30分程度が目安です。

運動をする時間がほとんどない人は、普段の生活のなかで工夫をしましょう。大股での早歩き、階段の上り下り、坂道を登るなど、少しきつい動作を、通勤や買い物の途中でも簡単にできます。

部屋の中で行う場合は、両ひざをついた腕立て伏せか、または、立ったままで 壁に体重をかけるようにして腕立て伏せをゆくりと行うトレーニングです。1日10回、ゆっくり腕を曲げ伸ばしすることがポイントです。

重要なのは、心拍数が1分間に110~120拍程度で、すこしきつい負荷がかかることです。

※注意事項※

運動開始後、動悸や息切れ、気持ち悪さなどの症状が出たら、運動を中止してください。関節の痛みを抱える方や、体力に不安のある方は行わないでください。疾患や外傷で、医師から運動を控えるように指導されている方も行わないでください。

食生活の工夫

①塩分の摂取は控えめに

1日の塩分摂取量は、できれば6グラム以下

②トランス脂肪酸はなるべく避ける
血液中の悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化を促進します。

③腹八分目
ごはんは適量でいろいろなおかずを用意して、バランスのいい食事を心がけましょう。

④良質なタンパク質は魚や鶏肉から
良質なタンパク質はこれらの必須アミノ酸を満たしています。

⑦オメガ3を摂る
良質なオメガ3は良質な細胞を作ります。DHAやEPAには、中性脂肪を減らし、血液がドロドロになるのを防ぎ、血栓をできにくくする効果があります。水に溶け酸化に強いクリルオイルが効果的です。

⑤野菜や海藻からミネラルを補給
野菜に含まれるビタミンA、C、Eは、動脈硬化を促進する活性酸素を除去し、海藻のカリウムやカルシウムなどは、血栓を溶かす働きがあります。

⑥食物繊維を積極的に摂る
食物繊維はその血管の炎症を抑えます。

アル
食物繊維に関する詳しい記事はこちら
関連記事

「食物繊維」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか? ほとんどの方が「便秘予防・おなかスッキリ」とイメージするのではないでしょうか。 今回は、そんなイメージの食物繊維に注目して解説していきます。 食物繊維とは 食物繊維(し[…]

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味のある方はぜひこちらのJapan Supplements公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!