唾液パワーで免疫力アップ&口臭予防!ドライマウスの予防法も

唾液は免疫機能に深く関わっています。口内の細菌の増殖を抑え、口を通して外部から入ってくる細菌などから体を守っています。また、口の中の汚れを洗い流す洗浄作用があります。

唾液の成分

唾液の力は、唾液の中に含まれる抗菌物質にあります。唾液は、99%以上が水分、残りの1%ほどに抗菌、免疫、消化などに関わる重要な成分が含まれています。

そのなかでも、抗菌物質のIg A(免疫グロブリンA)という抗体が、体の粘膜を菌から守る粘膜免疫という作用があり、体の中に侵入させない免疫力を高めます。

唾液に含まれる抗菌物質

IgA(免疫グロブリンA)による抗菌のメカニズムは、唾液に含まれる抗菌物質のIgA(免疫グロブリンA)が、口内に入り込んだ有害なウイルスや細菌を発見すると、そのIgAがウイルスや細菌にくっついて粘膜に付着させないようにします。

さまざまな有効成分

唾液にはIgA(免疫グロブリンA)以外にも、さまざまな成分が含まれています。メラトニンは、快眠を促す作用があります。

唾液中のタンパク質のムチンは、口内の粘膜を保護する作用があります。同じく唾液中のタンパク質のヒスタミンは、口内の傷の修復、血管の新生などを促進させます。

唾液の量

唾液の分泌量が減ると、口の中が乾燥状態となり、食べ物が飲み込みづらくなるほかに、口内に細菌が繁殖しやすくなります。

食べ物が飲み込みづらくなることは、誤えんや肺炎のリスクが増えます。さらに洗浄作用が低下して口の中の細菌が増えるので、口臭が出やすくなるのです。

この不快な口の乾きが長期間続くのが「ドライマウス」です。健康な方で1日に1〜1.5リットル分泌されています。
そして唾液は「安静時唾液」と「刺激時唾液」に分けられます。

安静時唾液とは、刺激がなくても自然に流れ出る唾液のことで、刺激時唾液は、食物の味覚や嗅覚などの刺激で分泌されるます。

その唾液は、唾液腺という場所で血液の成分から作られる口腔内に分泌される分泌液で、その量は個人差があり、一般的に若い人ほど量が多く、年齢があがるほど減少していく傾向にあります。また、唾液はストレスを感じると分泌量が減ります。

ドライマウスは現代病

ドライマウスは唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥する病気です。その原因は、糖尿病や腎不全などの病気、ストレス、筋力低下、薬の副作用などさまざまです。

ドライマウスの患者数は推定800万人といわれています。

口の乾きを防いでドライマウスを予防しよう

唾液がしっかりと機能するには、唾液の量や質が大切です。

唾液の分泌量を適量に保つには、水分をこまめに摂り唾液腺をマッサージや、舌を舌を思いっきり、出したり引っ込めたりする体操を行うことです。

また、発酵食品や食物繊維をバランスよく摂りましょう。そして、食べる時はよく噛み、噛むことは脳に刺激が伝わり、唾液が分泌されます。適度な運動を行うことで効果はあがります。

 

●口についての関連記事はこちらにも●

関連記事

年を重ねるごとに増えていく、口の中のトラブルや悩み。特に、40代以降からお口のトラブルが急増してくるようです。 歯を失いはじめる原因は、おもに歯周病と虫歯の悪化です。歯周病が進行すると、アゴの骨まで影響を及ぼし歯がグラグラしてきます。 […]

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!