熱中症対策の落とし穴『水中毒』|水分補給の注意点とおすすめ飲料

連日の猛暑、熱中症対策としてこまめな水分補給を心がける必要があります。我々の意識も、熱中症対策イコール水分補給があると思います。しかし、同時に「水中毒」にも気をつける必要があります。

水中毒とは

「水中毒」とは水を飲みすぎることで引き起こされる体調不良のことで、疲労感、頭痛、めまいなど、重症だと命の危険もある病気です。

注意:水を飲むのがいけないということではなく、一度に大量に飲むと「水中毒」になるおそれがある、ということです。

水中毒になる理由

過剰な水分摂取は、血液の塩分濃度(ナトリウム濃度)が下がる低ナトリウム血症を引き起こす可能性があります。とくに夏場は汗をかくため血液中の塩分の濃度が下がりやすく、水中毒になる危険性が高まります。

「塩分濃度(ナトリウム濃度)が下がる」とは

血液中の水分が多くなり塩分濃度が低くなることで、水分の取りすぎで血液が薄まることを指します。血液中には一定の塩分が必要で、体内の水分量を調節したり神経や筋肉を正常に機能させたりとても重要な働きをします。

塩分(ナトリウム)が低下すると、次のような症状が出るようになります。

軽症の場合は、めまい、頭痛、頻尿、疲労感、むくみ、下痢などです。重症の場合は、意識障害、呼吸困難などの病気にさらされることがあります。

水分補給の際の注意点

汗をかいて体内から水分や塩分が失われた後に、一度に大量の水を飲むと血液の塩分濃度が下がります。

目安は1時間に1リットルまで

熱中症予防での水のがぶ飲みには注意してください。短時間に2~3リットル以上を飲むのは避けましょう。

水分を尿として排泄できるのが1時間に1リットル程度だと考えると、水分補給は1時間に1リットルまでが目安です。

こまめでゆるやかな水分補給をおすすめします。

おすすめは麦茶

 

麦茶がオススメです。麦茶は煎った大麦が原料で、大麦には身体を冷やす働きがあります。また、麦茶はノンカフェインで利尿作用のないので夏場の水分補給におすすめです。
最近、麦茶の健康効果でを血液の流動性が高くなることが発見されました。

他には、「塩飴」「梅干し」なども効果があります。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!