コーヒーの成分と健康効果・効能|死亡率への影響や飲み方の注意点も

近年、コーヒーの健康効果が注目されています。そこで今回は、コーヒーの健康効果について解説します。

コーヒーの主な成分と健康効果

カフェイン

カフェインの効果は覚せい作用・興奮作用です。
□自律神経の働きを高める
□眠気を解消する
□記憶力・集中力を高める
□運動能力を向上させる
□心臓の筋肉の収縮力を強化させる
*カフェインの摂取量により効果は変わります。

その他には、利尿作用により体内の老廃物の排出を促進させる効果、脂肪吸収を抑える作用と血流促進作用でダイエット効果などがあります。

また、 胃の働きを活発にする働きがあります。

※空腹時に飲んだりコーヒーを飲み過ぎると、胃酸過多の原因となって胃が荒れてしまうこともあるため、飲むタイミングや量には十分注意しましょう。

最近の注目点は、コーヒーを毎日飲む人が心臓病や脳卒中などの死亡率が低い傾向があることが報告されています。

このようにコーヒーに含まれるカフェインには、多種多様な効果があるのです。

クロロゲン酸(ポリフェノール)

コーヒーには、抗酸化作用があることで知られているポリフェノールが豊富に含まれることが分かりました。コーヒーにも、赤ワインに匹敵する量のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには、病気の原因となる活性酸素を除去する効果があり、注目を集めています。注目成分は、クロロゲン酸などのポリフェノールです。

コーヒーには、クロロゲン酸が特に多く含まれています。クロロゲン酸は、抗酸化作用で活性酸素による酸化を防止したり、血糖値の上昇抑制、血圧改善、内臓脂肪減少など多くの効果が確認されています。

ニコチン酸

深煎りのコーヒー、キノコ類、ピーナッツなどからしか摂れない成分で、ナイアシンと呼ばれる水溶性のビタミンB群の一種です。
体内では、糖質や脂質、タンパク質を代謝してエネルギーに変えたり、疲れ切った神経をリラックスさせてくれる成分です。

香りの効果

コーヒーの香りには脳をリラックスさせる作用があります。深く香ばしいコーヒーの香りは、脳のα波が増加させリラックス状態することが判っています。

国立がんセンターを中心にした研究グループの報告

下記は、国立がん研究センターを中心にしたグループの研究です。

□死亡率が最も下がったのは、1日3~4杯飲む人たちでした。

〇国立がん研究センターのホームページをご参照ください。

コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について

コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について

★体によい影響を与える成分も、摂り過ぎると体調を崩す場合もありますので、ご注意ください。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


最新情報をチェックしよう!