塩の種類と効能|健康維持には天然塩がおすすめ!

塩は、生命維持に不可欠なものです。しかしその反面、減塩が現代の課題でもあります。

今回は、健康のための塩との正しい付き合い方を解説します。

アル
こちらの関連記事もご覧ください
関連記事

「高血圧」「減塩」「しょっぱい」「しおからい」・・・昔からあまり良いイメージのない「塩」ですが、ここ数年は、夏場の熱中症対策やスポーツ時の塩分補給に「塩分チャージ」なんて商品がブームになったりと、注目を浴びてきています。わたしの子供も、夏場[…]

塩の働き・効能

□体内の水分バランスを維持
□全細胞の体の浸透圧を維持
□神経伝達機能をサポート
□筋肉の収縮をサポート
□栄養素の吸収・輸送
□循環血液の量を維持し、血圧を調節
□食欲や味覚の正常化
□体が酸性になるのを防ぐ
など、塩にはさまざまな働きがあります。

おすすめは天然塩

健康維持には、体内のミネラルバランスを整えることは重要です。ミネラルを補えるのは 体の組成に近い天然塩がおすすめです。
天然塩は、ミネラルバランスが既に整っているため、身体への負担はほとんどありません。

ナトリウム、カルシウム、セレン、銅、亜鉛、マグネシウム、クロム、ヨウ素などが豊富に含まれています。このように、日常の食卓では天然塩を取り入れた方が健康的になります。

ミネラルバランスが崩れた精製塩

精製塩とは成分の99.5%以上が塩化ナトリウムです。海水を精製し原料を、さらに再精製して塩化ナトリウムの純度を高めたものです。

精製塩は、安定して大量に生産ができ、しかも低コストで作れるため現代の主流になりました。そして純度の高い塩化ナトリウムは、食用以外にも工業用としてもさまざまなところで使われています。

この精製塩は、ほとんどが塩化ナトリウムのため、体内でのミネラルバランスが大きく崩れてしまいます。塩化ナトリウムだけだと体内に活性酸素が発生するなど、さまざまな問題点が発生してしまいます。

減塩での問題点はミネラル不足

減塩で問題となるのは、ミネラル不足になるということです。生命維持に必要なナトリウム量が得られなくなってしまうと、上記のような働きに支障がでます。

全身に血液を巡らせるための血圧を保てなくなってしまい、循環不全、脱水症状、ショック症状や立ちくらみ、新陳代謝低下など体を正常に保つことができなくなります。

天然塩の種類

天日塩

天日塩は天日海水塩とも呼ばれていて、海水を太陽と風の力で乾燥させて作った塩のことで製法の名前です。海外では、メキシコやオーストラリアの沿岸部などの乾燥した地域でさかんに行われています。

岩塩

岩塩とは、海水が化石化したもので、地殻変動で海水が陸上に閉じ込められ、それが蒸発して成分が岩のような塊になって結晶化したものです。その他には、砂漠にある塩分を多く含む湖の水分が蒸発し結晶化したものもあります。

湖塩

岩塩が湖に入り込んだものを取り出した塩で、乾期に干上がった湖塩を採集します。

伝統海塩

伝統海塩は、海水を釜で煮詰めることで作られる塩です。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。お気になる方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!