「健康食品」とは-「健康食品」に関する制度の概要

医薬品、健康食品、サプリメント。

どれも「健康」にかかわるものというイメージがありますよね。

医薬品は、病気の予防・治療・診断に使用することが目的とされている薬品で、薬機法という法律によって規制されています。
では、健康食品やサプリメントにも法律の規則があるのでしょうか?

実は、健康食品やサプリメントと呼ばれるものについて法律上の定義は無く、健康の保持や増進に効果のあるという趣旨の食品全般のことをさします。
一般的には、ふつうの食品よりも健康によいと称して売られている食品のことをさしているのです。

特定の病気や症状に対して服用するというものではない、いわゆる「食品」なのですが、消費者の立場になって商品を安心して選べるように、国の制度として安全性や有効性に関する基準等を定めた「保健機能食品制度」があります。

 

今回は、健康食品やサプリメントに関する制度について説明していきます。

保健機能食品制度

近年は健康志向が高まり、数多くの健康食品やサプリメントが販売されるようになりました。
では、健康食品やサプリメントにはどのようなルールがあるのでしょうか?

健康食品やサプリメントは、食品に分類されます。
その目的は、「バランスのとれた食生活が困難な場合の栄養補助」「栄養素を補給し生命活動を維持」「体調調節に関与し体を安定状態に保つ」というものです。
この食品の中には、国から審査を経て許可を得たものや規格基準で定められた栄養成分を満たしているもの、保健の用途や栄養素の持つ機能の表示が可能なものがあります。

健康食品やサプリメントは、いわゆる「健康食品」と「保健機能食品」に分類され、国の制度として認められた「保健機能食品」には、個別許可制の特定保健用食品(トクホ)、自己認証制の栄養機能食品、届出制の機能性表示食品があり、それぞれのルールにのっとった機能の表示が認められています。対していわゆる「健康食品」は制度として認められたものではなく、機能に関する表示をして販売することはできません。

数年前まで機能性を表示することができる食品は、国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と、国の規格基準に適合した自己認証制の栄養機能食品に限られていました。
そこで、消費者がさらに正しい情報を得て選択できるよう、届出制の新しい食品の表示制度機能性表示食品が考えられ、2015年(平成27年)4月に施行されました。

特定保健用食品(トクホ)

保健の機能の表示ができ、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められている食品です。
表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。
消費者庁長官によって認可されると、消費者庁により許可されたことを示すマークを商品に付けることができます。

特定の保健の用途の表示例は、「おなかの調子を整える」「コレステロールの吸収を抑える」「血圧を正常に保つことを助ける」などです。

【表示例】
おなかの調子を整える 消費者庁許可(特定保健用食品)

 

栄養機能食品

一日に必要な栄養成分が不足しがちな場合、その補給のために利用できる食品です。
科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

加工食品や生鮮食品も含まれます。

【表示例】
カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です。

機能性表示食品

国の定めるルールに基づき企業等の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
保健機能の表示ができ、事前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが、消費者庁長官へ届け出られたものです。
特定保健用食品とは異なり、国が審査を行いませんので、事業者は自らの責任において、科学的根拠を基に適正な表示を行う必要があります。

【表示例】
[届け出表示]本品にはリンゴ由来プロシアニジンが含まれます。リンゴ由来プロシアニジンには、内臓脂肪を減らす効果があることが報告されています。

 

厚生労働省:「健康食品」のホームページ


 

最新情報をチェックしよう!