「ため息」は体に良い?息を長く吐くと自律神経のバランスが整う

ため息にマイナスのイメージを抱いている人が多いですが実は、ため息をつくと体の緊張がほぐれ、自律神経のバランスを整えるんです。
体の機能回復に、ため息はとても役にたつので、ため息は我慢しないが良いのです!

自律神経のバランスが整う

自律神経系は交感神経と副交感神経がに分かれ、それぞれの役目をまっとうしながら一日の良いバランスを保っています。
この自律神経は、ストレスや不規則な生活などでバランスが崩れてしまいます。
心身の緊張も崩れる原因になります。胸やお腹の筋肉が緊張して硬くなり、呼吸は浅く短くなるからです。
緊張しすぎてドキドキしているときは心拍数が上がり、交感神経が優位となり、胸やお腹の筋肉が緊張して硬くなり、呼吸は浅く短くなるからです。
そこでため息が効果的です。
ストレスと息を吐くことは密接な関係があり、ため息で心拍数は下がり、優位になっている交感神経を落ち着かせます。
ため息で呼吸を整えることで呼吸が深くなり、緊張をほぐしリラックス効果が得られます。

頻繁にため息をつく人は

頻繁に、ため息をつくようであれば、いつも精神が過剰緊張か心が弱っている証拠です。
こようなストレス状態には、体内での抗ストレス作用でビタミンCやB群が失われるので補給しましょう。
そして、オメガ3で血液の流れを促進しましょう。
ため息が出た時に、長く吐くことを意識をして、酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出して、リラックス効果を生み出しましょう。

ため息のコツは、息を長く吐くことです。

ため息をつくときは、長く吐ききるのが効果的です。
息を吐きだす時は、原因となるイライラや疲労、緊張や不安などを吐き出すイメージでお腹の中の空気を全て吐き切るりましょう。
その時に、おへその下あたり(丹田)に意識を集中すると、時間をかけて息を吐くことができます。

 

最新情報をチェックしよう!