「なめこ」の栄養と健康効果-驚きの成分・ぬめりパワー!

独特のぬめりのある食感が特徴のなめこ。
なめこには高い栄養価と効能があります。
今回は、なめこに秘められた栄養や効能、保存方法などを解説します。

なめこの季節

なめこの収穫時期は秋がピークで、美味しいとされる時期は、10月〜11月頃です。

ぬめりの成分

なめこの特徴の一つである「ぬめり」は、害虫や寄生虫などから身を守るためのものだと言われています。
このぬめり成分の正体はペクチンです。
ペクチンとは、植物の細胞壁に存在する水溶性食物繊維の一種で、水分を多量に吸い、細胞をつなぎ合わせる役目があります。

他にもこんな栄養成分が

その他なめこには、βグルカン、コンドロイチン、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、鉄などが含まれます。
βグルカンは不溶性食物繊維の一種で、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみ、腸内環境を改善し便通を促進します。
コンドロイチンは肌の保湿や水分の調節に働き、また血液中のコレステロールや過酸化脂質を除去する働きがあります。
ナイアシンはビタミンB群の一つで、エネルギーの代謝に関与するビタミンです。
葉酸は、細胞分裂を活発化させます。
パントテン酸は、炭水化物や脂質の代謝をサポートする補酵素です。
そして、鉄分も含まれています。

アル
あわせてご覧ください

関連記事

寒さが本格化してきました。みなさん体調は大丈夫ですか? この時期は、風邪などで体調を崩す人も多いのではないでしょうか。そこで大切なものが「免疫力」です。 今回テーマは「きのこ」! おいしさだけではなく、有効成分に注目してみ[…]

関連記事

「食物繊維」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか? ほとんどの方が「便秘予防・おなかスッキリ」とイメージするのではないでしょうか。 今回は、そんなイメージの食物繊維に注目して解説していきます。 食物繊維とは 食物繊維(し[…]

ぬめりの健康効果

□胃や喉などの粘膜を保護し風邪やインフルエンザ予防
□糖質の吸収をおだやかにし、急激な血糖値の上昇を抑える
□腸内環境を整えて便通改善
□タンパク質を分解し、消化を促進する効果
□コレステロールの吸収を抑制
□動脈硬化を予防
□二日酔いが改善

なめこを食べる際の注意事項

なめこを洗いすぎない

流水で軽く洗ってゴミや汚れを落とします。
ぬめりにたくさん栄養価のある成分が入っているので、洗いすぎると、せっかくの栄養が逃げてしまいます。

選び方

全体にツヤがあり、粒の大きさが揃っていて、カサが小粒で肉厚の物が美味しいです。

加熱調理は短時間

なめこは基本的に生では食べられません。
しかし、火を通し過ぎると、ぬめりに含まれる食物繊維など栄養素が減ってしまいます。
加熱調理は短時間で行いましょう。

汁物で煮汁まで食べる

なめこのぬめりは水溶性食物繊維ですので水に溶けだしてしまいます。煮汁にもたくさんの栄養素が含まれているので、汁まで飲みましょう。

保存方法

なめこは生物ですので、他のきのこ類よりも傷みやすく早く弱ってしまいます。
購入したら1~2日以内に食べきってしまいましょう。
長く保存したいときは、冷凍保存がオススメです、冷凍保存すれば約一カ月保存が可能になります。

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!